2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.29 (Mon)

楽譜の版の相違

所属オケ定演曲目の「皇帝」、その楽譜の話の続きを。

購入した楽譜はカルマスでしたが、先週、本番指揮者の方から連絡があり、「ピアノソリストの楽譜はヘンレ版を指定するので、オケの楽譜もヘンレ版に合わせてください。」とのこと。

ということで、あわてて次の日に「ヘンレ版」のミニスコアを購入し、「ヘンレ版」と「カルマス版」との相違点のチェック作業をすることに。

もし相違点が多ければ、訂正するにも楽譜がごちゃごちゃして見にくくなるため、場合によってはヘンレ版のオーケストラパート譜を改めて購入することも検討しなければなりません。その時に備え、オーケストラパート譜について楽譜屋に問合せたところ・・・、

ヘンレ社は「皇帝」のオケ譜は直接出版しておらず、ブライトコフ社に販売委託しているため、ブライトコフの新版がヘンレ版に基づいたものになり、楽譜の注釈にその旨が記載されている、とのこと。へー、これは知りませんでした。

で、「ヘンレ版」と「カルマス版」との相違点チェックの結果ですが、幸い、相違点はそれほど多くはなく、この程度であれば、カルマス版の訂正で何とかなりそうな感じです。ただ、2楽章と3楽章のブーフシュターヘは全然異なるため、これは全て訂正する必要あり。


モーツァルト、ベートーヴェンなど古典派作品においては、最近ベーレンライター版やヘンレ版の原典版を使用するケースが結構あり、指揮者によってその判断が異なります。事前確認をちゃんとしていないと往々にしてこのような面倒なことになりますので、本当に楽譜購入の際は気をつけないといけないですね。

テーマ : 音楽 ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:18  |  楽譜・スコア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/97-1e4f0911

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。