2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.12 (Fri)

教え始めて早3年

3年前からボランティアで1人ヴィオラを教えています。nagimaruから、「私の親戚が習いたいので教えてやってほしい。」ということがきっかけでした。

教え始めた頃は20歳の大学生で、それまでピアノの経験はあったようですがヴァイオリンの経験はなく、いきなりヴィオラをしたい、とのことでした。本人の指を見ると、ヴィオラではちょっときついかな、というような長さでしたので、当初は、弦楽器をやるのであればヴァイオリンを勧めたかったのですが、ヴィオラでオーケストラに参加したい、との本人の希望が強かったので、ヴィオラの人材育成を兼ねてレッスンを引き受けることにしました。

とはいえ、私自身もプロではなく、確立したメソードを修得しているわけでもありませんので、レッスンにあたっては、私自身の遠い幼き経験を思い出しながら、市販の教本を複数用いてその時その時の状況にあった練習教材を選びながら進めていきました。現在もまだ試行錯誤していますが。

幸い、ピアノをしていた経験からか飲み込みはいい方で、指も関節が柔らかく弦楽器向きのようです。初めてから1年ほどで、少々早いと思いつつも、本人の目的だったオーケストラに準団員として入団してもらいましたが、入団当初は訳も分からずただみんなが弾くのを見ている状態で、本人も大分苦労したことでしょう。それでもほとんど練習を休まず、先日のファミコンでは、何とか全体のテンポについていけるようになっていました。ヴィブラートもようやくかかるようになったみたいです。

4月からは社会人となり、これまでに比べて練習時間がとりにくくなっているようですが、何とかこのまま順調に進歩していってほしいものです。


それにしても、宮崎は元々弦楽器人口が少ないですが、その中でもヴィオラはニューフェイスがなかなか現れず、危機的状況です。

絶滅危惧種に指定した方がいいのでは・・・?

テーマ : ヴィオラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
00:24  |  ヴィオラ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■そう、それは

ヴィオラは何となく謎めいてます。
お父さんのような感じですかね。

私はコントラバスでしたが、
教えてもらえる人がいるなんて羨ましい・・・
さらに、と-ますさんが先生なんて、羨ましい・・・

持ち運びが楽な楽器に憧れるのは
以前やってた楽器のせいでしょうかね。
aika |  2009.06.12(金) 00:33 |  URL |  【コメント編集】

■Re: そう、それは

> ヴィオラは何となく謎めいてます。
→謎めいているかどうか分かりませんが、よくその存在意義について論議されることはあります。

> お父さんのような感じですかね。
→謎めいている、という点に着目すれば、「お父さん」というよりは、「隣のおじさん」でしょうか。よくヴァイオリンのお兄さんにも例えられますが、まあ、演奏者自身の風貌次第でしょうか。「お兄さん」になるか「おじさん」になるかは・・・。

> 私はコントラバスでしたが、
> 持ち運びが楽な楽器に憧れるのは以前やってた楽器のせいでしょうかね。
→確かに、チェロやコントラバスは大変そうですね。一番かわいそうと思うのは飛行機での移動の時です。チェロは機内に持ち込んで座席に置こうにもこども料金を取られますし、コントラバスに至っては「人」扱いされず機内に持ち込むことすらできません。同じ弦楽器奏者として同情いたします。


とーます |  2009.06.12(金) 20:42 |  URL |  【コメント編集】

■えーっ

チェロのこども料金にもびっくりですが、
じゃあ、コントラバスはどうやって運ぶんですか?
まっ、まさかチャーター・・・
aika |  2009.06.15(月) 10:51 |  URL |  【コメント編集】

■Re: えーっ

> じゃあ、コントラバスはどうやって運ぶんですか?
> まっ、まさかチャーター・・・
→ちゃんと知っているわけではありませんが、プロの方で自分の楽器で演奏したいときは、コントラバス運搬用のハードケースに入れて運送業者に運んでもらっているようです。ただ、アマチュアの方など多くの場合は、弓だけ持参して現地でコントラバスを借りるケースが多いのではないでしょうか。

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの奏者はたいがい自分の楽器で演奏しますが、コントラバス奏者の場合は上記のように自分の楽器で演奏しない場合もあり、そういった経験のない私からすれば、コントラバスはいろいろと大変だなぁ、と思いますね。
とーます |  2009.06.15(月) 17:59 |  URL |  【コメント編集】

■実はチェロだけではなく・・・

楽器の運搬がらみでもう1つ。

私が時々遊びにいくブログにこんなことが書いてました。
http://yakupen.blog.so-net.ne.jp/archive/20090615

昨年あたりから楽器の持ち込みが厳しくなってきたのは知ってましたが・・・いやぁ、航空業界も厳しいのでしょうか。これから楽器を持って飛行機移動するのもお金がかかって大変です。


とーます |  2009.06.16(火) 23:07 |  URL |  【コメント編集】

■楽器も大変

へー、大変ですね。

私も、去年の春から習い始めたクラシックギター。
ピラミッドの国でも続けたかったのですが、
大枚はたいて買ったギターを持っていく勇気はありません。

航空機の運搬もさることながら、
乾燥、乾燥・・・と言われると、素人は恐くて持っていけません。
もちろん、向こうでされている方がいるわけで、
問題はないようにできるのでしょうが・・・
向こうで安いギターを見つけて続けられるよう頑張ってみます。
aika |  2009.06.24(水) 02:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/90-1fb98b59

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。