2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.19 (Tue)

テンポの共有、イメージの共有

昨日は所属オケの練習。
5月に入ってから団員に加えてエキストラのメンバーも徐々に参加するようになり、ようやく大編成の曲にふさわしい音が出てきました。いよいよ6/6ファミコンの本番に向けて最後のラストスパートです。

私は仕事の関係で遅れて練習に参加。ちょうど「となりのトトロ」のナレーション合わせをしていた最中でした。

前回のファミコンで演奏した「カルメン」のナレーションは、オリジナルの台本でやりながら決まっていった部分もあり何かと大変でしたが、今回はセリフやタイミングまであらかじめきちんと決まっており、事前にナレーション付きのスコアとCDをナレーターの方にお渡ししていたこともあって、ナレーションに関してはほとんどOK状態でした。ただ、演奏する時のテンポが変わってしまうと、ナレーションの尺が合わなくなってオケとずれる可能性が出てきますので、テンポを安定させることがこの曲では特に大事になりますね。

この日は、この「となりのトトロ」に引き続き、「三角帽子」を練習。さすがにこの時期になると、変なミスで練習が止まるようなことがなくなりましたが、なんだかまだしっくりしない感じです。

なんだろう、この感じは・・・・、といろいろと考えたのですが、

1つはテンポの共有、という問題。
モティーフ・メロディの受け渡しをパート間でやりとりするときに、各パートのテンポ感が微妙に異なっているために、1つの長いメロディとして聞こえなければいけない箇所が、まだ「つぎはぎ」のように聞こえてしまいます。テンポのベースを形成するパートを下地にして、その上にメロディパートや伴奏パートが乗っかる、という感覚を全員で常に共有できるようになると、お客様が聴いた時、メロディラインとしての横の流れがきれいに聞こえてくるのでは、と思っています。

なお、弦パートに言えることですが、Piu animato、Piu vivoなど、テンポが変わる場面で後ろのプルトの音が遅れて聞こえてくると、それを引っ張ろうとして逆にトップが指揮者の振るテンポを追い越して速くなってしまい、結果としてパート内の音がばらばらになる、という事態になることがあります。私も時々経験するのですが、なかなか自分自身では自覚できず、人から言われて初めて気がつくことも多いようです。どうしてもテンポの感じ方には個人差が出てきますので、やっかいです。

もう1つは、デュナーミク(強弱法)などの表現の問題。
特に「三角帽子」では、短いスパンでクレッシェンドとデクレシェンドが頻繁に出てくるのですが、こういった楽譜上の強弱指示を見落としたり、あるいはその表現が十分でなかったりするなど、メンバー全員でそのことが徹底されていないため、オーケストラ全体として聴くと、例えて言えば、抑揚のない朗読、という感じでしょうか、まだ平板な演奏のように聞こえてしまいます。

最近、器楽演奏の世界で感じることですが、「正しい音程の音を出す」ことについては比較的敏感ですが(確かにそのことは大変重要なのですが)、「音を表現する」ことについては必ずしもそうではないようです。演劇での役者さんの世界を見る機会が多くなったからでしょうか。

また、この「三角帽子」や昨年のファミコンで演奏した「魔法使いの弟子」などの作品で特に強く感じるようになりましたが、音による表現は絵画と共通する部分が多いように思います。作曲者は、デュナーミクを始めとする様々な指示を楽譜というキャンバスに描いて音楽の奥行き感を出しているのだと思うと、改めて楽譜を読み解くことの重要性を感じます。


最終的には、作曲者が描いた楽譜上のイメージをオケのメンバーで共有できるかどうか、ということなのでしょうが、これもテンポと同様、個人差があるように思います(特に楽譜上に表面上表れていない部分について)。そう考えると、指揮者から発信されるイメージに関する指示というものが、やはり大きな意味を持つことになります。


音楽に限らず、「共有」という言葉はキーワードですね。


テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
00:00  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/82-fc45511e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。