2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.07 (Thu)

パート練習

昨日、所属オケのヴィオラパートの団員数人で、パート練習を行いました。今回のファミリーコンサートの練習の中でパート練習をするのは2回目です。それだけ今回は苦戦しているのですが・・・。


通常の全体練習では、個人レベルの問題が積み残しになったままの状態になることが多く、それを解決するにはやはり個人練習が必要になります。

ただ、現実的には、団員の置かれている環境や技術レベルが様々ですので、

①個人練習の時間が十分に確保できない。
②どの部分が悪いのか、問題の所在が分からない。
③問題点を解決するのはどうしたらよいか、その方法が分からない。

といったことが生じてきます。

したがって、所属オケでのパート練習は、パートレベルの問題に加え、個人レベルの問題も合わせて対処し、改善を図る貴重な機会となります。


で、この日は私が練習進行役となり、「となりのトトロ」の中でヴィオラが目立つ箇所、音取りが難しい速いパッセージの箇所を中心に練習。

普段の全体練習では私がトップの位置に座っているので、後ろのプルトの人たちがどういうフィンガリングで弾いているのか、また、弓の場所はどこ(弓先、弓元)で弾いているのか、なかなか確認することができません。ので、メンバーと面と向かって練習するこのパート練習では、そのことも合わせてチェック。

結構フィンガリングは見落とされがちですが、弾けてない原因がフィンガリングであることもよく見られます。偶数ポジション(特に2ndポジション)の活用や開放弦を上手に使い分けることによって、問題が簡単に解消することも結構あります。この日のパート練習でもいくつかフィンガリングの問題があったので、フィンガリング変更のアドバイスをしました。

難しいパッセージの箇所は、まず、ゆっくりのテンポで音程を確認し、音程が安定したら、徐々にテンポをビルドアップする反復練習。正直言ってこの体育会系の練習に楽しさを見出すことは難しいですが、この部分を避けているとどうしても問題解決しません。ある意味、強化トレーニングと割り切ってやるしかないですね。


そんなこんなで、2時間半の練習の中ですべて解決できたわけではありませんが、少なくとも、この日の練習のような地道な練習の積み重ねが、必ず本番で活かされることになるだろうと思ってます。



テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:48  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/79-ea08d9e3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。