2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.26 (Mon)

「魔笛」を終えて

昨日で「魔笛」公演が終わり、一息ついたところです。

<のべおか市民オペラ 延フィル・ニューイヤーオペラ2009「魔笛」>
○日時:2009年1月24日(土)18:30開演、1/25(日)14:00開演
○会場:延岡総合文化センター大ホール
○指揮・演出:末廣誠
○管弦楽:延岡フィルハーモニー管弦楽団

1/24は満席、1/25もほぼ満席の状態で大盛況でした。

特筆すべきは、やはり夜の女王のアリアだったでしょうね。ソプラノのハイトーンは、音程の正確さ、声の明瞭さという点で「さすが」というしかなく、その歌声は夜空に響き渡るようで、存在感ありました。お客様の印象度もNo.1だったのでしょう、カーテンコールでも一番の拍手を受けていたように感じました。

オケですが、演奏云々はともかく、この一大イベントを成し遂げたという達成感からでしょうか、延岡フィル団員の方々の充実感いっぱいの表情が印象的でした。本番の演奏パフォーマンスがどうだったか、その出来そのものは確かに大事ですが(特に有料コンサートの場合はそうですが)、アマ・オケの場合、そこに至るまでの日々のプロセスがどうだったか、最初の出発点からどれだけ成長できたか、の方が私自身はもっと大事なように感じています。延フィルのみなさんの表情は、その実感の表れでもあったのかもしれません。

簡易上演形式で上演された今回のオペラ。限られた条件の中、オペラがお客さんに受け入れてもらえるよう、様々な工夫がこらされていました。オペラの内容を分かりやすくするために、パパゲーナを物語の案内役に仕立て、曲の合間にナレーションを挿入したのもその一つだったのでしょう。あ、第1幕の終わりの方で、パパゲーノが魔法の鈴を振ってモノスタトスらを踊らせるシーンで、男声合唱に「ばんば踊り」の振り付けをさせたのも延岡ならでは。お客さんの笑いを誘ってました。



話は変わりますが、今日のNHKの「クローズアップ現代」で、メトロポリタン歌劇場の総裁であるピーター・ゲルプ氏のインタビューが放送されていました。「オペラ」が置かれている厳しい現状の中、「オペラ」を現代の大衆娯楽として受け入れられるようにするため、映像を使った演出、世界各地の映画館でのオペラライブ中継、舞台裏での出演者インタビューなど、様々な改革を進めていることが紹介されていましたが、三大歌劇場の一つであるそのメトロポリタン歌劇場ですら、昨年の金融危機で運営に苦慮している、とのこと・・・。今後、「オペラ」という舞台芸術がこれからどういう変遷をたどっていくのか、そして後世にどういう形で残るのか、これからの数十年に注視したいところです。


そう言えば番組で紹介されていましたが、20数年前に(たぶん)NHKで放送されたドキュメンタリー番組「OZAWA」は、このピーター・ゲルプ氏がプロデュースされたそうです(初めて知りました)。私にとっては思い出深い「OZAWA」、ラストシーンで流されるマーラー交響曲第2番「復活」の最後は感動的で、涙を流した思い出があります。もう一度見てみたいなー。「NHKオンデマンド」で検索してみようかな・・・。



テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:54  |  オペラ  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■お疲れ様でした

レポートありがとうございました(^O^)
無事に終わられた様で良かったですね!
延岡でしか見られない特別なオペラ、私も観たかったです(>_<)

ともあれ、オペラに関わった皆様、お疲れ様でした
ゆひてる |  2009.01.27(火) 00:55 |  URL |  【コメント編集】

■終わりましたね

お疲れ様でした。24日のパパゲーナです。自分としては物足りない感じでしたがお客様にとってはわかりやすい舞台だったのではないでしょうか。ともかくありがとうございました。
パパゲーナ |  2009.01.27(火) 23:39 |  URL |  【コメント編集】

■Re: お疲れ様でした

ゆひてるさん、コメントありがとうございます。

また、時々遊びに来てくださいね。たまにはお菓子ネタもやりますので(^o^)

ではでは
とーます |  2009.01.28(水) 23:01 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 終わりましたね

パパゲーナさん、お疲れ様でした。舞台上であれだけ動きながら、しかもパパゲーノと合わせながらの「パ・パ・パ」、大変だったことでしょう。オケピから見ていてドキドキしました(^^;)

オペラはもともと一般市民に一番身近なクラシック音楽だったはずですから、そういった意味では、今回の公演、オペラの本質を捉えたいい公演だったのではないでしょうか。

宮崎でオペラをきちんとした形で上演するのはなかなか厳しい状況なのかもしれませんが、いつかまた、宮崎の人たちの手によってすばらしいオペラがつくられ、お客さんとともに楽しむことができる日が来ることを期待しています。

とーます |  2009.01.28(水) 23:24 |  URL |  【コメント編集】

末廣さんで検索してたどり着いたblogですが今後も是非お邪魔させて下さい(^O^)
銘菓シリーズ(?)楽しみにしてます(笑)
ゆひてる |  2009.01.29(木) 13:38 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/44-0979ee55

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。