2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.23 (Sun)

ミュージアム・コンサート本番でした。

この前お知らせしたミュージアム・コンサート、日付変わって昨日、無事、本番終了しました。

現在、行われている「パリ-ニューヨーク20世紀絵画の流れ フランシス・リーマン・ロブ・アート・センター所蔵品展」にちなんで、同じ時代に生きたフランス、アメリカの作曲家の作品を中心に全部で7曲、30分ほどの演奏でした。

コンサートが始まった頃のお客さんは15~20人のように見えたのですが、終わる頃にはかなりの人が集まっていました。美術館のスタッフの方が、近くにいる人たちに声かけされて集めていただいたようです。ありがとうございます。

肝心の演奏ですが・・・、うーん、いろいろありました。

ホールでの演奏とは違って、ステージから一番前のお客様までの距離が近く、結構緊張してました。元々あがり症なので、いつもその対策を考えていますが、前半の3曲は体も音もかちかちだったような気がします。後半はいくぶんほぐれたのですが。

それと、ステージリハなしでいきなり本番の場合、響きの感覚を瞬時につかむのが難しいのですが、今回の場合、特に広い空間だったせいか、小さな練習室のスペースでは聞こえていた音が聞こえなくてアンサンブルが所々乱れてしまい、その修正に苦労しました。でも、それは初めてのことではなくて、これまでにも似たような経験をしていたので、もうちょっと事前に心の準備、というか予測をしておく必要があったなあ、と反省です。

まあ、反省材料を次の演奏機会に生かしてもっと質の高い演奏をお客さんに聴いていただくことができればいいな、と感じた1日でした。

そうそう、ステージにはなぜかクリスマスツリーが飾ってあったので、最後には一足早く「クリスマスおめでとう」を演奏して終わりました。なぜかクリスマスソングを弾くと、デパートから流れてくるクリスマスソングを聴いていた子どもの頃を思い出します。

今年のクリスマスプレゼントはなんだろう?

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
00:39  |  室内楽  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.11.23(日) 03:08 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/4-33b3b682

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。