2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.13 (Sun)

パートトップ、フォアシュピーラー、そしてTutti

先週12月6日(日)、所属オケの定期演奏会が終わりました。アクロス福岡のシンフォニーホール、気持ちよかったですね。

と思ったら、もう昨日から来年6月の演奏会に向けて練習開始。前回は2vnでしたが、今度はヴィオラパートでの参加。
どっちかというとやはりVaの方が慣れ親しんだ感じです。

早速メインの「スコットランド」の音だしでした。以前やはりVaで1回やったことがあるので、「冒頭のボーイングはアップから、決めるのにいろいろあったな・・。」とか、「2楽章が弦・管ともに結構大変だった」とか、「4楽章のメロディの付点のリズムがどうしても佐渡おけさになってしまいがちに・・。」といったことを思いだしながら、でした。

前プロのロザムンデ序曲は確かこれもやったことがあるはずですが、中プロ「画家マティス」は初めてになります。楽譜の配付は来年になってからとのこと。楽しみと不安が半々といったところでしょうか。

所属オケには申し訳ないですが、年明けまで「我が祖国」に専念させていただき、その後から所属オケにシフトさせていただきます。



ところで、オケ復帰までに約5年のブランクがあったので、オケでの弦セクションの作り込みや本番までの練習プロセスに関して、
もう一度自分の頭の中での整理を兼ね、つらつらと(独り言のように)綴ってみたいと思います。
まずは、弦セクションのアンサンブルをつくるうえでの役割分担に関して。

1 コンマス・パートトップ
 コンマスはオケ全体の作業スタッフリーダー (指揮者は現場監督)でもありますが、やはり直接的には1vnのパートトップ。弦の各パートトップによるクァルテット(正確にはクインテット)の延長線上に、弦セクションがあると(少なくとも私自身は)考えているので、やはり、まずは弦の各パートトップでのアンサンブルができているかどうか。場合によっては、パートトップないしトッププルトだけで弦パート間のアンサンブル上の問題がないか、確認のための練習を入れた方が良いように思います。

 なお、アマオケの場合、休みの後の入りが落ちたりするケースもあるので、トップは、後ろのTuttiに音の入りなどを事前に(さりげなく)サジェスチョンする予備動作も実務上は意外と大事かと。

2 フォアシュピーラー
 ずっと以前にもこのブログで書いたような記憶があったので、検索してみると、5年前にJAOの森下元理事長がお亡くなりになられた際の記事で書いていました。
  http://altotone.blog90.fc2.com/blog-entry-196.html

 フォアシュピーラーの役割は、森下先生と全く同感なのですが、フォアシュピーラーが「次席奏者」と訳されることもあってか、その座る位置に関しては、プロオケの場合、トップサイドの方がそう呼ばれるように見受けられます。
 ただ、私自身は、その機能面を重視するのであれば、少なくともアマオケの場合、トップサイドよりも、2プルトinが適当ではないかと。 (もちろん、プルト数やステージ上の配置にもよるかと思いますが。) 
 いずれにしても、フォアシュピーラーとしての役割を誰に担ってもらい、そして、パートとしての音をまとめてもらうために、どこに座ってもらうのか、というのをオケとして決めることは、「集団パフォーマンス」を行うためには、本当に大切なことではないかと感じています。

3 そして、Tutti
 基本的に、パートトップとフォアシュピーラーによって作られた弦セクションの音の骨格を肉付けしていく役割のはず、なのですが。


 これらの役割分担が相互に認識されているだけでも、何か問題が発生したときの修正もしやすいですし、結果的に演奏中のリスク発生も少なくなるのではないかと考えています。




次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
11:18  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/223-704d427a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。