2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.30 (Thu)

定演振り返り

怒濤の12月が終わり、ようやく一息つくことができました。

気が付けば、今年も後2日。
定演が終わってからだいぶん日が経ちましたが、個人的な振り返りの続きを少々。


本番の演奏、まずは「ライン」について。

1楽章はG・Pの状況から考えてテンポが速くならないか心配していましたが、比較的落ち着いた感じで、それでいて停滞感もなく、入り方としては上々だったでしょうか。ダイナミクスのコントラスト、特にフォルテ3つでハイライトの1つである「N(411~)」ではビジュアル面も含めて少しもの足りなくも感じましたが、課題であった転調時の音程などは改善のあとがみられていたので、緊張感を強く感じる演奏会冒頭の中、全体的にみれば及第点の内容だったかと思いました。

2楽章は、中間部における管のメロディと弦のきざみのアンサンブルが1つの焦点でしたが、本番前のリハやゲネプロでメンバー間によるテンポの共有を高めることができたおかげで、ばらつき感はだいぶん解消されていたように感じました。

3楽章は、個人的には一番好きな楽章ですが、ヴィオラにとっては一番の難関でもありました。ヴィオラパートの戦力が限られる中、3楽章冒頭、パート内でディビジに分かれての分散和音がクラリネットのメロディを邪魔しないか、あるいはオケ全体のテンポを乱さないか、とても心配していましたが、大きな破綻まではなかったように思います。
 また、数少ないヴィオラがメロディを担当する第2主題(17~21、30~34)では、記譜されているスラーの関係でボーイングの返しによってダイナミクスの不均等なふくらみとしぼみが生じないよう苦心しました。幸い、指揮者の末廣先生は、本番時のテンポを比較的前向きに持っていってくれましたのでその点は助かりました。
 ただ、この楽章のアゴーギクはすごく揺れ動くため、本番前にもコンマスが注意喚起していたのですが、残念ながら本番で不用意な飛び出しが起きてしまったことは大変残念でしたし、大きな反省点の1つでした。

で、5楽章の序奏的な位置づけである4楽章の後、フィナーレの5楽章へ。途中、馴染みのない転調の音程がきちんとつかめるか、同じリズムが連続するか所でのテンポが前すべりしないか、がポイントだったわけですが、本番の結果は、なんとか持ちこたえたかどうか・・・、というのが正直な感想でしょうか。最終楽章にありがちですが、気持ちだけ盛り上がって内容が粗くなる、という点は否めなかったように思います。


次に後半の「運命」について。
何度やっても難しい1楽章の冒頭。
後でも触れますが、末廣先生はアインザッツの実質的なキュー出しをコンマスに委ねられたので、感覚的にはクァルテットの合わせと同じでした。大きな事故はありませんでしたが、やや安全運転になったきらいはありました。
練習の時点で繰り返し末廣先生から言われていた「音を均一」に保つという課題。残念ながらこれについては、1楽章ではなかなか癖がぬけきらないまま終わってしまったような気がします。象徴的だったのはB(168~174)の8分音符の連続音と最後の4分音符との関係。極端に言うと、「タタタタタタタタタン!(ン)タタタタタタタタタタタタン!」。やっぱり宮崎弁のままでした。

客席で聴かれていたK先生から、本番終了後「2楽章が出色の出来だった」とのおほめの言葉をいただきました。確かにこの楽章が一番末廣先生の演出による音の表現が一番できていたようには感じました。惜しむらくは、ダイナミクスによる表現が単なる音量数値的なものにとどまらず、空間の広がり、緊張感といったものまで豊かに表現できれば・・・、と感じた点でしょうか。

本番が始まるまで、今回の運命は、3楽章のチェロが一番鬼門であるように感じていました。末廣先生の指揮練で何度もつかまっていた冒頭の音程と中間部のアンサンブル。本番では何とか取り繕ったようでしたが、結局のところ、パートとしての練習不足が最後までたたった感じは残りました。

4楽章では、末廣先生から再三言われていた、ff等ダイナミクスのキープという点については、一番疲れのくる最終盤ということを考慮すれば、メンバー全員がんばったように感じられました。「ライン」と同様、どうしても最終楽章ということで盛り上がりで音が粗くなる場面はありましたが、ポイントポイントの揃えるべきところで崩れなかったことが雑な感じにまではならなかったように聞こえた要因ではないかという風に考えています。



演奏会全体を総じてみれば、相変わらずポカはありましたが、本番時の状況でできることはやれたと思います。ただ、だからこそ「もったいないな。」という気持ちも強く残りました。これについては、今回の末廣先生の指導のことも含め、また後日に綴りたいと思います。


テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
13:30  |  オーケストラ  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/215-57a404f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2012/05/05(土) 08:03:19 |

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。