2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.31 (Sun)

1・2・3

そう言えば、所属オケの定演の正式な案内をまだしてませんでした。

宮崎シティフィルハーモニー管弦楽団第15回定期演奏会

[宮崎シティフィルハーモニー管弦楽団第15回定期演奏会]

○日時:2010年11月28日(日) 開場13:30 開演14:00
○会場:宮崎市民文化ホール〔大ホール〕
○入場料:前売り一般¥1,500、大学生以下¥1,000
    (当日200円高 ただし、チラシ持参は前売り価格でチケットをお求めいただけます)

○指揮:末廣 誠
○曲目
・R.シューマン 交響曲第3番 変ホ長調 op.97「ライン」
・L.V.ベートーヴェン 交響曲第5番 ハ短調 op.67「運命」

所属オケがシューマンのシンフォニーを演奏するのは初めてになります。「ライン」の1楽章は、今NHK教育の「N響アワー」のオープニング曲に使われているので、この番組をご覧になられている方であれば、少しは馴染みのある曲でしょう。
「運命」は交響曲の中でも知名度1,2位を争う超有名曲ですが、良し悪しは別にしてテンポ、アーティキュレーションは指揮者による個性の違いが如実に表れると思います。完成度はまだまだですが、おそらく今回の「運命」はとても整然と、かつ、エネルギッシュなものになるでしょうね。


さて、少し話が変わりますが、9月にあった指揮練の中で、本番の指揮をされる末廣先生が「運命」の4楽章で3段ロケットの解説をした際、バーンスタインのヤング・ピープルズ・コンサートの話が少し出ました。

そう言えば、と思いだし、昨晩、5、6年前に録画していた「ヤング・ピープルズ・コンサート」の第10回「メロディって何?」を再び見てみました。

そうでした。バーンスタインはこのコンサートの中で、こんな興味深い解説をしています。

「普通、「メロディ」は「節(tune)」のことであり、音楽を歌の面でとらえたのが「節」である。「節」はそれ自体で完結しており、始めと終わりがきちんとある歌である。」

「だが、交響楽でいう「メロディ」は完結していない。完結していたら“展開”が不要となるからである。
“展開”とは交響楽の主要素であり、種を大木に育てることである。メロディという種には交響楽という木に展開する余地が必要である。この種になるメロディが「主題(theme)」である。」

「従って、音楽に完結した節を期待する人にとっては、「主題」はメロディらしく聞こえないのである。」

ここでバーンスタインは、ベートーヴェンの「運命」冒頭部の4つの音符や、交響曲第7番第2楽章の冒頭部のほとんど同じ音を例に挙げて、
「どちらも「節」ではないが、「メロディ」ではある。これが「主題」である。」


一方、バーンスタインは「もちろん、「節」らしい「主題」もある。」として、
チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」第1楽章の第2主題を紹介します。

「この「主題」がなぜ「節」らしく聞こえ、私たちの耳に残るのか。答えは「反復」である。主題がわずかに変化しながら反復されている。(中略)チャイコフスキーが主題を反復し組み立てた手順はいわば「1・2・3方式」であり、作曲家がよく使う手法である。」

「まず思いついた音を並べる。これが“1”」
「“2”で同じ音を少し変えて繰り返す。“1”とほとんど同じ。」
「“3”で創造の翼を広げ飛び立つ。これが1・2・3方式である。」

そして、「運命」1楽章の冒頭部、フランクの交響曲、そしてモーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」の4楽章も同様にこの1・2・3方式である、と紹介しています。


(余談ですが、1・2・3方式でつくられている部分は、音楽が1→2→3とつながっているわけですから、当然その意識を持って、エネルギーの方向を1から3に向かって演奏しないといけないのですが(速度を速めるという意味ではなく)、所属オケではこのことを認識していないまま演奏していることが多く、結果として音楽が停滞することがあるように個人的には感じています。)


さて、その後にはモティーフ(動機)の話になって、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の解説になるのですが、切りがないのでこの辺で。


バーンスタインのヤング・ピープルズ・コンサートは、「ヤング・ピープルズ」向けであるかどうかはともかく、レクチャーコンサートとしての内容はとても音楽の本質をついたすばらしいもので、もっともっとみんなに知ってもらいたいです。DVDでセット販売もされているようですね。

私自身は、いずれ所属オケのファミコンでヤング・ピープルズ・コンサートのようなレクチャーコンサートをやってみたいというのが「夢」の1つですが・・・、まあ、まだまだ当分先の話でしょうね。

テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:53  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/211-2c987faf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。