2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.29 (Fri)

「感じる」空間として

もう寝ないといけないので、1つだけご案内を。

[世界は踊る~ちいさな経済のものがたり~]
○企画・構成:パスカル・ランベール、エリック・メシュラン
○作・演出:パスカル・ランベール
○共同演出(宮崎公演):吉田小夏
○哲学的テキスト・出演:エリック・メシュラン
○出演
 クレマンティーヌ・ベアール、ケイト・モラン、セシール・ミュシテリ、ヴィルジニ・ヴァイヤン
 一般参加者 45名
○日時
・2010年10月30日(土)18:30開場 19:00開演
・2010年10月31日(日)13:30開場 14:00開演(終演後、アフタートークあり)
○会場
メディキット県民文化センター 演劇ホール
○チケット料金
 全席自由・日時指定 一般3,000円 学割(小~大学生)1,500円
 ◎当日券は学割を除き500円増
 ※未就学児のご入場はご遠慮ください。※学割は、入場時に学生証の提示が必要


「フランスで大反響を呼んだ、全く新しい群衆劇」だそうです。おそらく、演劇、ダンス、といったこれまでの芸術ジャンル一括りにはできないものなのでしょう。

 この公演には相方も関わっているので、以前からこの公演があることは聞いていました。

 どうしてこのような公演が(東京ではなく)宮崎で行われるのか、最初は懐疑的に思っていましたが、この公演で目指そうとしていることが何なのか、ということを考えたとき、小さな一地方都市でありながら、劇場という空間に市民が集い、そこで何かを創り出す可能性がある宮崎だからこそ、この公演を行う意味がとてもあるのかもしれません。


 ただ、宮崎に住んでいる人たちの多くは、この地で行われるソフトの価値に気づいていないというか、本当にもったいない気がしています。

 話が少しそれますが、文化・芸術を市民にとって理解できるものか、そうでないのかという基準でその「価値」そのものをも評価する傾向を最近感じることがあります。市民にとって受け入れやすいものを、と考えるのは、すそ野を広げるという意味では理解できますし、現にそういった部分も必要でしょう。ですが、すべてがステレオタイプでそうなると、果たしてそれはどうなのだろうと、と考えてしまいます。

 「分かろう」とするのではなく、そこで演じられるものをありのままに「感じる」こと。人としてそれは最も根源的な部分であるように思うのですが、ひょっとすると私たちは、それを使おうとしないために、その機能が退化していずれ失うのではないかと危惧すら持っています。


 ちょっと大げさな言い方になってしまいましたが、この宮崎にもすばらしいものはいくつもある、後はそれを享受するかしないかは私たちの気持ち次第、要は食わず嫌いはだめよ、というのが今日のお話でした。


 台風がちょっと心配ですが、多分大丈夫でしょう。

 では、お休みなさい。

テーマ : 演劇・劇団 ジャンル : 学問・文化・芸術


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
00:53  |  舞台芸術あれこれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/210-88f32e6a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。