2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.20 (Mon)

太宰の思い出

久しぶりに演劇のご紹介です。

《101年目の太宰治『冬の花火』『春の枯葉』》
○会場
 メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 演劇ホール舞台上舞台
○日時
 ・平成22年9月25日(土)18:30開場 19:00開演
 ・平成22年9月26日(日)13:30開場 14:00開演
○入場料
 全席自由2,500円(会員価格:2,000円)学割(小~大学生)1,500円

個人的な太宰治の思い出と言えば、中学時代に学校の鑑賞教室で観た「走れメロス」の演劇で、メロス役の役者の人が、王の元に戻るために走るシーンで会場全体を何周も走り回ったのを観て「ああ大変だな、演劇の人も体育会系なんだな。」と思ったり、劇場途中でなぜか演出上?、踊りのシーンがあって、女性役者の人たちがへそだしルックの姿で踊っていたのを観た男の先生が、後で「踊るのは良いけどもう少しおなかまわりをしぼって踊ってほしいよな。」と言ったのを妙に記憶しています。


それはさておき、「人間失格」などの代表作は実際に読んでいますが、太宰が描く何とも言えない人間の弱さみたいなものに共感を覚え、そしてまた、太宰そのものの人生に強い関心を持った時期があります。

そんな太宰が、戯曲を残していたことは知りませんでした。

昨年は太宰の生誕100年ということでメディア等にもいろいろと取り上げられていましたが、その昨年ではなく生誕101年目という今年に、あえて太宰。クラシックでも、よく生誕○○年でその作品ばかりが演奏されると、何となく流行の波に抗いたいという意地のような気持ちになりますが、それと同じなのか、それとも単なる偶然、でしょうか?


まあ、そんな個人の変な思いこみはともかくとしまして、

今回の太宰作品の演出を担当するのは、長崎の劇団「F’s Company」の福田修志さんと熊本の劇団「ゼロソー」の河野ミチユキさんのお二人。お二人とも九州にいながら、全国に向けて強い発信を続けている、注目の若手のようです。

詳しくはこちらを。
101年目の太宰「冬の花火」・「春の枯葉」

テーマ : 演劇・劇団 ジャンル : 学問・文化・芸術


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:08  |  舞台芸術あれこれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/208-299c0874

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。