2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.29 (Sat)

受け継がれていくもの

今週も怒濤の1週間が終わりました。
久しぶりの休み・・・、といきたいところでしたが、仕事が終わらないので、今日もとりあえず仕事場に行きました。まあ、どんなに1人だがんばってもできることとできないことがあるので、そのあたりは割り切らないといけないですね。


さて、久しぶりにネットでいろんな情報を検索していると、5/23に日本アマチュアオーケストラ連盟の森下理事長が亡くなられたことを知りました。

約20年前、私は千葉の市川市(だったかな)で行われたトヨタユースオーケストラキャンプに初めて参加したのですが、その時に練習指揮者として指導をされたのが森下先生でした。

練習をしたのは、確かレオノーレの第3番、ローマの松、サン=サーンスの交響曲第3番で、トレーナーとして植木先生、三浦先生、藤原先生、田中先生が来られていたでしょうか。

当時、森下先生の指導はとても迫力あるものでしたが、練習の中でおっしゃられた話は、私にとってとても新鮮なものばかりでした。そう言えば、「フォアシュピーラー」を知ったのもこの時が初めてで、「パートの音をまとめるという意味ではコンマスよりもフォアシュピーラーが大事。例えば、1vnが8プルトあれば、3ないし4プルト目のinには、コンマスと同等以上に弾けて、かつ、全体を見渡せる人が座らないといけない。」といった話をされたように記憶しています。大人数のオーケストラでアンサンブルをやる、私がそういった意識を強く持つようになったのも、ある意味森下先生の指導による影響が大きかったように思います。

それから、楽譜の五線譜を川の流れに例えられて、小節の線(縦線)は川をせき止める堰のようなものだ、という話もありました。それは全く川の流れに影響しない低いものもあれば、それを乗り越えるのに大きなエネルギーを必要とするものもある、演奏する時は、その大きなエネルギーを感じなければいけない、書かれているのは1本の線だが、場面場面でいろんな意味があるんだ、というようなことを言われたのもいまだに私の心の中に残っています。


人はいずれ消えゆくものですが、その人が残したものは、次の世代へと受け継がれていくことになるのでしょう。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:20  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.05.31(月) 01:26 |   |  【コメント編集】

■Re: はじめまして

もものうみ様

初めまして。コメントありがとうございました。
最近、仕事の関係でコメントに気づくのが遅れてしまいました。申し訳ありません。

お尋ねの件ですが、後日、メールにてお答えいたします。

取り急ぎご返事まで。
と-ます |  2010.06.02(水) 00:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/196-bd118d50

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。