2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.22 (Mon)

「誘惑の動機」はまだまだ・・・

まずは報告を。
4年間いた職場を離れることになりました。私にとっては思い出深い職場でした。
4月からはまた新たな職場での生活が始まります。
しばらくは忙しい日々が続きそうです。

さて、昨日の所属オケ練。前半はファミコンプログラム後半の映画音楽を練習。

ようやく編曲をお願いしていた最後の1曲の楽譜が配付され、これで今度のファミコンのプログラム曲が揃いました。

ただ、今回編曲をお願いした曲の演奏時間がいずれも当初の想定時間より長くなってしまったため、編曲者といろいろと協議させていただいた結果、いくつかの曲については、一部カットをさせていただくことに。本当に編曲者には申し訳なかったですが・・・。

でも今回編曲していただいた楽譜は、どれもオーケストレーションがきれいで新鮮な感じがします。映画館の雰囲気をホールで再現できそうな感じです。自分たちがちゃんと演奏できれば・・・ですが。

練習の後半は「タンホイザー」序曲と「はげ山の一夜」のピックアップ練習。

タンホイザーについては、先週のパート練習のおかげか、何とか指が動いてくれましたが、まだ単に楽譜に記されている音が出るようになっただけで、アーティキュレーションについてまで考える余裕がまだありません。

このタンホイザー、巡礼の合唱に続いて突然始まる「誘惑の動機」をヴィオラが担当しているのですが、弾いている自分自身、誘惑されるような感じは受けないですし、官能度はゼロ・・・。それよりもむしろ、田舎のこどもが遠足か何かでうきうきしている感じにしかまだ聞こえません。もうちょっと大人になる必要がありますね。


最近気になるのは、弦セクションの音が全体的に粗くなっているように感じること。
まあ、弾くのに精一杯の状況が続いているので、現時点ではやむを得ない気もしますが、あまりそういった状況が続いてそれが「普通」の状態になるのが一番こわいです。4月に1度弦セクションだけの練習を計画しているので、そこで少し音をていねいに出す練習をしないといけないようです。

テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
22:55  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/187-cd8434ef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。