2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.04 (Thu)

兄弟作品

今日は2/21(日)に所属オケが主催する室内楽演奏会のご案内を。


[宮崎シティフィルハーモニー管弦楽団 第3回室内楽演奏会]

○日時:2010年2月21日(日) 14:00開演
○会場:宮崎市民プラザ オルブライトホール
○曲目
・弦楽四重奏  ロッシーニ 弦楽のためのソナタ第3番 ハ長調
・木管四重奏  J.イベール 2つの断章
・弦楽五重奏  ドヴォルザーク 弦楽五重奏曲第3番 変ホ長調 op.97より
・七重奏    ベートーヴェン 七重奏曲 変ホ長調 op.20
・ホルン四重奏 ホミリウス 四重奏曲 変ロ長調 op.38 ほか
○入場料:無料


以前にも書きましたが、私はドヴォルザークの弦楽五重奏曲に参加します。(時間の関係で今回演奏するのは1楽章と4楽章のみですが。)

先週日曜日には6回目の練習を行い、何とか形になってきました。曲に対するアプローチの方向性もメンバー間で共通認識ができつつありますが、後は、各メンバーとも音程がもう少し安定し、アゴーギクの呼吸がもう少し合うことができるかどうか、といったところでしょうか。


そう言えばこの前、室内楽演奏会のプログラムに掲載するこの曲の紹介原稿締切が迫っていたので、ドヴォルザークの資料を読んでいろいろと勉強していたのですが、意外とこの曲に関する資料が少なくて苦労しました。

ドヴォルザークはこの弦楽五重奏曲という形式の曲を3曲残しているのですが、このうちop.1がついている第1番は1861年、彼が20歳の頃に作曲されていますが、恐らく習作程度の作品ではないかと思われます。NAXOSレーベルで1枚CDが出ているようですが、私はまだ聴いたことがありません。

第2番Op.77は、Vn2、Va1、Vc1、Cb1と弦楽五重奏曲としては特殊な編成。この曲も今回の室内楽演奏会での演奏候補曲になり、一度試しでの音だしもしてみたのですが、やはり第3番Op.97の方が作品としての弾き応えがあることから、この曲はボツになった経緯があります。


さて、第3番op.97ですが、彼がアメリカに滞在していた頃に作曲されています。19921892年から19951895年までの“アメリカ時代”には、交響曲第9番op.95「新世界より」、チェロ協奏曲op.104、そして「アメリカ」の通称で知られる弦楽四重奏曲第12番op.96という彼の代表作が生まれていますが、この第3番op.97もそうした時期の真っ只中である19931893年の夏、アイオワ州スピルヴィルというチェコ移民の多い土地を訪れていた時に、弦楽四重奏曲第12番op.96「アメリカ」の作曲直後に着手され、1ヶ月ほどで書き上げられています。

op.96とop.97の2曲は、作曲時期もさることながら、その作風から見ても共通する部分の多い、いわば“兄弟”と言えるのですが、知名度において、兄は演奏会やCDで売れっ子の大スターであるのに比べ、残念ながら弟はその足下にも及ばない状況です。ですが、ボヘミアと先住民族双方の音楽的要素の見事な融合、郷愁漂う短調の旋律、ドラマティックな展開、高揚感あふれるクライマックスなど、その実力は兄に勝るとも劣りません。弾いていて自分たち自身の演奏に感動を受けることもあります。(もちろんそれは作品がすばらしいからであって、演奏はまだまだなんですが)。


まだop.97を聴いたことのない方は、ぜひともその作品の実力(演奏の実力じゃないですよ)のほどを知ってほしいな、と思います。


テーマ : 室内楽 ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
18:00  |  室内楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/168-74bad070

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。