2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.02 (Tue)

ベルリンの思い出(1)ベルリン大聖堂

いつのまにか師走となり、今年も残すところあとわずか・・・。

ということで、私の今年2008年を振り返った時、やはり一番の思い出は初めての海外となったドイツ旅行。

ドイツ・ベルリンに滞在したのは6/10の夕方から6/17午前までの約1週間(6/15だけはライプツィヒに日帰り旅行)。その間にドイツのいろんな音楽を聴くことができ、今、思えば夢のような1週間でした。

ドイツで過ごした1週間の間に体験したことはたくさんあったのですが、そのうち音楽に関係するいくつかの思い出を紹介したいと思います。

まずは、6/11に行ったBerliner Dom(ベルリン大聖堂)。

この日、多くの観光客と同様、ブランデンブルグ門とライヒスターク(連邦議会議事堂)を見た私たちは、夜に予定していたStaatsoper unter den linden(ベルリン州立歌劇場)でのオペラのチケットを買いに、Staatsoperへ。しかし、当日券の販売開始時刻までにまだ時間があったようで、少し時間をどこかでつぶす必要がありました。そこで、当初6/14に行こうとしていたベルリン大聖堂へ急遽行くことに変更。この日オルガンのコンサートは予定されていなかったので、オルガンを聴くことはあきらめて、とりあえず建物の見学だけでも、と思っていました。

建物に近づくとこんな感じ。その大きさに圧倒されそうになりました。

Berliner Dom

入場料は3ユーロ。当時のレートで500円ほどだったかな。
Berliner Dom Eintrittskarte

で、中の方に入ろうとすると、オルガンの音が!!!

どうやら、オルガニストの方が練習をされていたようです。弾いていた曲は分かりませんでしたが、おそらくロマン派以降の作品のような感じでした。

オルガンの音はいつも聴いている宮崎県立芸術劇場のオルガンよりも柔らかく、重厚でした(あくまでも個人の感想です)。そのオルガンの音色が、ドームの空間に響き渡り、天蓋ではね返り、空から降り注ぐように聞こえるのです。私は椅子に座ったまま動くことができませんでした。

Berliner Dom orgel

オルガニストが練習で弾いていた曲が終わりを告げようとした時、それまで曇っていた空が一瞬晴れ、天蓋から注ぎ込んできたいくつもの光の筋は、まるで天上の世界から舞い降りてきたかのようでした。

Berliner Dom 天蓋

相方から促されて現実の世界に戻ったことに気がつくと、ベルリン大聖堂グッズショップの閉店時間が迫っていたため、急いでお店に向かい、ベルリン大聖堂のオルガンで演奏されたCDを1枚記念に買って、再びStaatsoperへと向かったのでした。



【More・・・】

<追記>
ベルリン旅行の時は全然気づかなかったのですが、中村真人さんのブログ「ベルリン中央駅」の記事によると、ベルリン大聖堂のてっぺんには、元々金の十字架が飾ってあり、ちょうど旅行時には改修のため外されていたようです。

で、ベルリン旅行から2ヶ月経った2008年8月19日、きれいになって戻ってきたとのことなのですが、その時の様子がこちらに詳しく書かれています。

「ベルリン中央駅」還ってきた十字架



次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:50  |  音楽の旅  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/13-9031d58d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。