2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.13 (Tue)

初顔合わせ練習を終えて

昨日、今日はお疲れモードでした。

というのも、10/10・11に所属オケの指揮練がありまして、しかも10/11は9:30から16:30までの実質6時間弱、さらにその後、今度は室内楽の練習を17:30から20:30までやりましたので、この日は自宅に帰った後、気を失いそうになりました・・・。それにしても最近、次の日だけでなく2日後までしっかりと疲労が残ります。順調に老化の一途をたどっている証拠でしょうか。


さて、その10/10、11の所属オケ指揮練の話です。今度の定演の本番指揮者、冨平恭平氏との初顔合わせ練習があったのですが、いきなり出だしでアクシデントが。

10/10(土)は18:30から21:30まで練習予定にしていましたが、この日の午後、冨平さんから電話。「飛行機が壊れて欠航になったんですよ。」との連絡。え?

不幸中の幸いというか、この日に宮崎入りできない、という最悪の事態にはならず、20:00時前には会場入りできそう、とのこと。それで急遽Sさんに連絡をとり、冨平さんが来られるまでの間、つなぎの練習進行をお願いすることに。

で、20:00過ぎからいよいよ冨平さんの指揮によりブラ2の練習。
と思ったら、始まる前に「あれ、配置のことまだ言ってなかったですかね?」

え?聞いてないんですけど・・・汗

結局、この日はそのままの配置で練習することになりましたが、今回の演奏会では対抗配置にします、とのお言葉。(実は、あるんじゃないかな・・・って思っていたら、ビンゴでした。)

ということで、弦は下手側から1vn、Vc、Va、2vnの順に。CbはVcの後ろ。管は、Fl、Ob、Hrnはそのまま、FgとCl、TpとTrb・Tubがそれぞれ入れ替わることに。打楽器は最後列に配置するようです。


肝心の練習内容ですが、20:00過ぎから21:30までの時間で、当初予定していたブラ2の4、2、3を全部やるのは難しいかな、と思っていたら、結局全部やることができました。それもただ通すだけではなくて、きちんと細かい指示もいただきながら。

というのも、冨平さん、非常に手際が良いというか、演奏を途中で止めると、ほとんど間髪入れずに指示がぽんぽん各パートに飛んできます。とにかく無駄な時間が少ないので、練習中、オケメンバーは(いい意味で)本当に息をつく暇がない。気を抜いているとあっという間に置いて行かれる感じ。

指示の仕方も分かりやすい比喩的なものが多いですし、オケメンバーからの質問も1つ1つ丁寧に答えてくれるので、オケメンバーの理解もどんどん進む感じです。

テンポは全体的にやや速めですが、ある程度想定範囲内でしたので、メンバーがついていけないということはありませんでした。アゴーギクは楽譜に書かれている指示以上のことはなく、アーティキュレーションやデュナーミクは原則としてメリハリをきちんとつけ、全体の旋律を浮き立たせるためのバランス取りをするための指示が多かったです。その結果、音がクリアになり、旋律がより見える形になった結果、全体の演奏はより流れるようになったのではないかと感じました。


翌日の10/11は、オケの配置を対抗配置に変更し、9:45~12:30にブラ2、午後に残りの曲の練習。

対抗配置になった結果、弦セクションについて言えば、作曲者の意図がより感じられるようになったことや、1vnと低弦、2vnとvaがそれぞれ近い位置に座ることでの好影響が期待されるのですが、その反面、一番弾きにくい位置に座ることになる2vnが個人的には心配の種でしょうか。

これまで1vnの奥に隠れて弾いている2vnはある意味1vnに守られて弾いてきた側面があります。しかしながら、今回1vnの反対側に座ることで、次のような理由により音量が今よりも落ちてしまう懸念があります。

①ヴィオラと同様、f字孔が客席の反対側に向くので、身体を左側にひねって客席側に向けないとなかなか音が客席の方までいかない。
②聴衆の視線が直接自分たちに向けられているように感じやすくなるので精神的に萎縮しやすい。
③1プルトから5プルトまでは縦に並ぶため、(ホールの音響環境にもよりますが、)後ろのプルトになればなるほど孤立しやすい。

②と③については1vnも置かれている状況は一緒ですが、1vnの配置は基本的に同じなので2vnの人たちよりは慣れている部分があります。恐らく2vnのメンバーのほとんどは今回の位置で弾くのは初めてだと思うので、本番までにいくつかの対策が必要になるでしょうね。


結局この日もブラ2は全楽章練習することができ、これまで不明だったテンポ、デュナーミク、アゴーギク、アーティキュレーションも大方判明しました。次回の指揮練習は11/28・29。それまでにいただいた指示事項を徹底していくことが今後の練習の重点事項になります。録音をとらせていただいたので、まずはもう一度録音を聴いて指示事項の漏れがないようにしなければ・・・。


なお、練習終了後、冨平さんから「準備をきちんとしていただいたようでうれしいです。次回の練習が楽しみです。」というコメントをいただきました。半分以上は社交辞令でしょうが、そう言っていただけるだけでも、インペクとしては素直にうれしく感じました。



テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
20:04  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/129-6bcd0f48

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。