2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.07 (Wed)

「通し練習」の意味

先週日曜は所属オケ練。本番指揮者との初顔合わせ練習を今週土・日に控える中、最後の自主練習ということで、これまでのおさらいでプログラム全曲を練習。

ブラ2については「通し練習」を1回した後、休憩を挟んで返しの練習を少々。
(ここで言う「通し練習」とは、とにかく止まらずに最初から最後まで曲を通す意味で使っています。)

個人的な考えとして、「通し練習」をする目的は次の3つにあると思っています。

①これまでの練習で要練習箇所とされた部分が、演奏を続けていく流れの中で改善できているかどうかチェックするため。
②(途中、止まらずにやることによって)長い演奏時間の中でも集中力を保てるようにするため。
③途中何か演奏上のアクシデントが起きても流れの中で立て直すことができるようにするため。

通常の練習は、問題箇所があった場合、その要練習箇所の直前から反復的に行うことが多いと思いますが、そういった練習で問題が改善したようにみえても、いざ長い流れの中で練習すると、その問題箇所にさしかかった地点で心の準備ができていなくてあわててしまったり、その部分を通過した後に「あ、そうだった」と振り返っても後の祭り、なんてこと、経験したことはないでしょうか。K先生が自動車運転の「かもしれない」運転を例に出して、数小節先を予測することの大切さを説かれていますが、まさに長い流れの中での練習はそのことをきちんと身につけるためでもあると思います。

それから、途中止めながら練習しているということは、自分たちが演奏し続ける時間(=演奏者が演奏に集中する時間)が短い間隔になっているということでもあること。ですが本番では止まることができません。演奏時間数分の曲ならまだしも、今回の皇帝やブラ2のように演奏時間の長い曲の場合、長い時間集中力を持続するためのトレーニングは不可欠ではないかと。

また、ミスはないに越したことはありませんが、どうしても本番ではミス等のアクシデントはつきもの。よほどのことがない限り止まることができない本番において、大事なのはむしろ起きてしまったアクシデントの被害を最小限に食い止めることであり、そのトレーニングのためにも本番の雰囲気に近くなる「通し練習」をする意味があるように思います。


で、この日のブラ2の「通し練習」なんですが、練習の成果としてはあまり芳しくありませんでした。1楽章は何度か止まってしまいましたし、2楽章以外のテンポはいつも練習していたテンポよりもだいぶん速いものであったため、ほとんど「通しただけ」の練習に。きちんと「通し練習」の目的を考えていれば、こういう事態にもならなかったように思いますが・・・。インペクとして、なぜこの「通し練習」を指揮者にお願いしたのか、オケメンバーにきちんと事前説明をしていなかったことも反省材料でした反省

とは言え、この日の4楽章はテンポが2分音符=120くらいという超ハイスピードだったにも関わらず(普通は2分音符=104~108くらいでは?)、何とか大崩れせずに最後まで通せたことは、まあ収穫の1つだったでしょうか。ホッ ほっ


さあ、一応自分たちでやれることはやりましたので、後は首を洗って本番指揮者による指揮練を待つばかり。不安半分、楽しみ半分、といったところでしょうか。 

 

テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
20:43  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://altotone.blog90.fc2.com/tb.php/127-3039373a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。