2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.29 (Sat)

ヴィオラ奏者の王道の歩み方

久しぶりに紹介シリーズです。

~「クヮルテットのたのしみ(エルンスト・ハイメラン、ブルーノ・アウリッヒ著、中野吉郎訳)」~

クヮルテットのたのしみ


クァルテットに携わったアマチュアの方であれば一度は読んだことがあるのではないでしょうか。私も大学生の頃、ジュニアオーケストラ時代の同期生から紹介され、初めて東京のアカデミア書店に行ってこの本と出会いました。

原著の初版は1936年。著者の2人はドイツ人で、弦楽器のアマチュア奏者だったようですが、この本の文章からは、2人がいかにクァルテットを愛していたか、随所に感じ取ることができるでしょう。

私が重宝していたのは専ら第2部の「アマチュアのための室内楽カタログ」で、クァルテットのみならず、弦楽器が関係する室内楽作品を名曲から駄曲(?)まで多数取り上げて紹介していることから、室内楽演奏会をするときの曲選びをする時にはたいがいこの本を参考にしていました。「名曲とまではいかないけれども、聴いてみると意外と良かった」作品や、アリアガやミスリヴァチェクなど、クァルテットをしていなければ一生知ることもなかったような作曲家もこの本から教えられましたね。

また、この本は訳者の方もアマチュアヴィオラ奏者でクァルテットをされていたようで、実につぼを押さえた名訳をされています。特に、「第3刷へのあとがき」の中で、訳者自身の経験やエピソードが書き加えられているのですが、これが訳者のユニークな性格からなのか、実に面白いのです。


で、その最後には「ヴィオラという立場」というのがあり、ヴィオラ奏者のことがこのように書かれています。

「暗い過去を持つヴァイオリニスト。(・・中略・・)ヴィオラでも指がまわらなくなると、「棒をふる」(指揮をする)ようになるという。それでもだめになるとライブラリアンになるのがお決まりと、オーケストラの口の悪い連中がいっていた。訳者はちゃんとこの栄光の道を歩み、棒を通り越して既にライブラリアンになってしまった。(以下、略)」

うーん・・・。ということは、最初からクァルテットのライブラリアンになっていた私は、既に栄光の道を歩き終えていた、ということでしょうか・・・・?


 
スポンサーサイト

テーマ : 弦楽四重奏・クァルテット ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
11:31  |  本・CD・ブログ  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.26 (Wed)

本番指揮者が来られるまでに

先週日曜日は2週間ぶりのオケ練。私自身は、仕事で前回の練習をお休みしたので3週間ぶりの練習。すごく久しぶりの感覚でした。その間、仕事にかまけてろくに楽器をさわっていなかったためか、指が自分の指でないような感覚・・・。若い頃は全然大丈夫だったのに、これが老化というものか・・・。


来週は九州吹奏楽コンクールや選挙関係の仕事などの関係で金管メンバーがほとんど揃わない見込だったため、この日は金管の出番の多い「ナブッコ」やブラ2の1、4楽章を中心とした練習。

「ナブッコ」は、本番で指揮をされるT先生の使用されるスコアの版(リコルディ新版)と私たちの使用するパート譜の版(カルマス版)との相違点についてT先生から訂正するよう指示をいただいたので、主にその確認作業をしました。団員から指示の内容についていくつか疑義が出されたので、これらをとりまとめてT先生にもう一度お尋ねすることに。

どうも「ナブッコ」の楽譜の訂正箇所は、T先生からの指示された箇所以外にもいくつかありそうな気配。T先生が宮崎に来られてからの指揮練でも、この訂正作業に時間を割くことになりそうなのが心配ですが、一部のパートを除いては比較的順調な進捗状況なので、本番までにはちゃんと仕上がりそうな感じです。


一方、雲行きが怪しくなってきたのがブラ2。譜読みの段階は終わり、これからは本番指揮者の練習に向けて下ごしらえをする期間なのですが、結構、この時期における全体練習の進め方は焦点が定まらないことが多く、難しいです。何度か通しの練習をする中で改善すべき問題点が浮かび上がってくるのですが、その問題点を分類すると次の5つでしょうか。
①音程が正しくとれていない。
②他のパートとの呼吸が合っていない。
③他のパートとの音量バランスがとれていない。
④デュナーミク、アゴーギクが楽譜どおりにできていない。
⑤アーティキュレーションをどうするか

①は基本的には個人練習やパート練習で解決すべき問題なのですが、あまりに音程が悪い状態が続くとオケ全体のハーモニーづくりができないままになりますので、どうしても全体練習の中で時間をとってやらざるを得ません。かといって、そのために時間をとりすぎると、関係のない他のパートは練習の間、ずっと時間をもてあますことにになり、場合によっては練習へのモチベーションが下がることにもなります。

②はまさに全体練習でやるべき問題ですが、関係パートが揃っていないとあまり意味がありません。この時期はまだ仕事・家族優先でなかなか揃わないため、この肝心の練習ができにくいのです。
したがって揃うまでの間は問題が先送りされてしまいます。

③ですが、管楽器セクションにおいては団員で編成人数を満たすことができますので、管楽器同士の音量バランス修正は可能ですが、毎回多くのエキストラを必要とする弦については、まだエキストラがいないこの時期、弦に関するバランス修正は意味のないことに終わることもしばしばです。(ただ、「常に他のパートとのバランス感覚を養う」ことを目的と位置づければ、その時その時の弦の人数が少々アンバランスであっても、それはそれで意味があるように思います。

④については、この時期としては、楽譜に強弱記号が書いているのに全体としてそれができていないケースなど、「やっているかどうか」のチェックが中心で、それをどの程度やればいいのか、という「程度」の問題は扱いが難しいです。⑤のアーティキュレーションの問題と同様、このあたりは本番指揮者が来られてからでないとなかなか踏み込めません。とりあえず、参考にするいくつかのCD演奏をふまえ、あくまでも個人的な意見としてコメントすることはありますが、ややもすると、本番指揮者とは異なる解釈が固定化してしまう危険性があり、後で混乱を招くことにもなりかねません。


このように、この時期の練習はいろいろな難しさを含んでいるので練習計画を進めていく立場としては何かと悩ましいのですが、ブラームスの作品は上記に掲げた問題点の改善をシビアに追求していかないと、なかなか作品としての質が向上しません。そういった意味では、所属オケとしては12年前にも演奏したことのある今度のブラ2、所属オケの演奏レベルがどれだけ向上したのか、1つの試金石になることでしょう。

テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:35  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.22 (Sat)

マラソンin伯林

今、世界陸上の男子マラソンのLIVE中継を見ています。

舞台は昨年6月に初めて海外に行った時の旅行先、ベルリン。あの時目にした風景がテレビ電波を通してLIVEで目に飛び込んでくるこの感じ、たまらないですね。

マラソンのコースは、ブランデンブルク門をスタート・ゴールに、ベルリンの観光名所を通過しながら周回するコース。スタートしてから、選手達がこれまでに通過した箇所は、ホロコースト記念碑、ポツダム広場、ジーゲスゾイレ(勝利の塔)、博物館島、ウンター・デン・リンデン、・・・などなど。ベルリン滞在中の記憶が思い起こされます。なんか私のためにテレビ中継してもらっているような・・・うわぁ、錯覚もいいところですね。

でも、走っている選手を見るとさすがに暑そう・・・。ちょうどベルリンはお昼の12時、既に30℃を超えているようです。日本選手は5人出場。旭化成の清水選手がさっき転倒して、先頭集団から遅れているのは気になりますが、中国電力の佐藤選手などは先頭集団に入っているようです。今回もマラソン団体、金とれるかな・・・。

がんばれニッポン!!

テーマ : ひとりごと ジャンル : 日記


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
19:31  |  雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.21 (Fri)

バレエ芸術の神髄

NHK-BSハイビジョンは本当にいい番組がいっぱいありますね。今日も1時間魅入ってしまいました。

「エトワール 最後の60日 密着マニュエル・ルグリのバレエ人生」

パリ・オペラ座バレエ団のエトワール(最高位のダンサーの称号だそうです。)を長らく務めたマニュエル・ルグリが今年5/15に行った引退公演までの2ヶ月を追ったドキュメンタリーで、今日放送があることは知らなかったのですが、偶然にもこの番組を見ることができたのは幸運でした。

私自身は、バレエでのオケ伴奏をするか、バレエ音楽をオーケストラで演奏する、ということでしかバレエとの関わりはないのですが、この番組を見ていると、自然とバレエとルグリの魅力に引き込まれ、バレエ芸術の神髄を垣間見た気がしました。

あくまでも素人目の感想ですが、ルグリの踊りは、「流れ」の美しさを活かした、例えて言えば、木の枝のしなやかさとでも言いましょうか、そういったものを感じました。また、彼自身がインタビューで答えていましたが、彼は一人で踊るよりもペアの女性といっしょに踊る方が元々好きだったようで、女性ダンサーとの呼吸の合わせ方、女性の身体の支え方、それに女性の踊りの引き立たせ方、それらすべてにさりげなく美しさを感じさせるのが非常にうまい印象を受けましたね。引退公演でのカーテンコールは(当然のことなのでしょうが)観客1,900人が総立ちとなり、拍手が20分も続いたとのことです。すごい!


そうそう、番組では表に出てきませんでしたが、バレエの演奏をしていたパリ・オペラ座管弦楽団の演奏も非常に音が華やかですてきでしたね。相方とは、またヨーロッパ旅行に行きたいね、という話がいつも出ていますが、行先はこのパリ・オペラ座と昨年大野和士が主席指揮者に就任した国立リヨン歌劇場のあるフランスに決まったかな・・・!?


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
22:48  |  舞台芸術あれこれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.16 (Sun)

室内楽活動再開に向けて

今年12/20に予定されている所属オケ定演で「皇帝」のピアノソリストを決めるオーディションが今日ありました。私は運営スタッフとして参加しましたが、今日1日だけで「皇帝」のある同じ部分をスコアを見ながら十何回も聴いていたので、さすがにその部分のピアノソリストパートはこれまで以上に詳しくなったような気がします。これまで気づいていなかった新たな発見もありましたしね。


さて、そのオーディションが終わった後、大塚台スタジオに向かい、petit maroとnagimaru、それに今年5月から所属オケの大型新人として入団したちょっとおとぼけ系のkuro君といっしょに、室内楽曲の試奏会をしました。

昨年末にクァルテット活動が終了して以来、室内楽活動からは遠ざかっていましたが、やはりオケだけの演奏活動しかしていないとどんどん音が粗くなっていくように感じていましたので、早い時期に室内楽の活動を再会したいな、と思っていたのでした。

ということで、今年から来年にかけて所属オケの室内楽演奏会への出演と、室内楽の自主コンサートを企画すべく、楽譜をいくつか持ってきて初見大会をしました。

そんな中、この日候補で残った曲の1つが、ドヴォルジャークの弦楽五重奏曲第3番。

アメリカ時代に作曲した作品の1つで、交響曲第9番「新世界より」や弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」よりは名が知られていませんが、間違いなくこれらの作品に肩を並べる名曲です。
この日試奏したのは4楽章。気持ちをうきうきさせるようなリズムが印象的です。いっしょに試奏したメンバーもこの曲に好印象を持ったようで最有力候補です。

弦楽五重奏曲では、モーツァルトの第3番C-durも候補に。ただ、弦楽五重奏曲をやるためには、あと1人(2vnか2va)必要で、メンバーが確保できなければ、今のところはモーツァルトのハイドンセット(弦楽四重奏曲第14番~19番)の中から、第14番か第17番「狩」あたりになりそうです。


それにしても、やはり室内楽は楽しいです。久し振りに充実感を感じた1日でした。


テーマ : 弦楽四重奏・クァルテット ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:56  |  室内楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.06 (Thu)

公約

3日前に熊本に日帰りで行ってきました。

相方から「熊本の鶴屋で開催されているアストロナーツ・スヌーピー展を見に行きたいんだけど。」との話があり、ちょうど弓の毛替えをしたかったところでしたので、熊本への日帰りドライブを提案。両者の思惑が一致して成立。

えびのICから高速に乗り、御船ICで降りていつもお世話になっている北澤さんのお宅へ。さっそく毛替えをお願いして楽器を預けた後、熊本市の中心街へ。鶴屋に入っている台湾の中華料理店でランチを食べた後、アストロナーツ・スヌーピー展にレッツゴー。アポロ計画40周年を記念して開催されているこの企画。スヌーピーとNASAの関係を知って、「なるほどー」でした。

その後、鶴屋のデパ地下やいつも熊本に行ったときに立ち寄っているお菓子屋でいくつか物色した後、再び北澤さん宅へ。弓の毛替えは終了していたのですが、弓を引き取る際、北澤さんから弓のネジ(アジャスター)に関するアドバイスがありました。

いつも使用しているうちにネジ(アジャスター)の回転がスムーズにできなくなるので、そのことを相談したのですが、北澤さんによると、その原因はネジではなく、右手の指が汗をかいて、それが棹(スティック)とフロッグの間にしみこんで汚れとなってたまっているためにうまくスライドできなくなっている、とのこと。今回も、親指以外の4本の指があたる側の棹の部分(普段はフロッグに隠れて見えない部分)が汚れていたようでした。今度から気をつけたいと思います。

弓を引き取った後、我が家で検討しているチェロの購入計画についても相談。アドバイスを2、3いただきました。現在、相方はヤマハのサイレントチェロを使っていますが、以前から本当のチェロを持ちたいとの要望が挙がっており、私自身もいつかチェロを弾けるようになって、クレーメルみたいに1人多重録音によるクァルテット録音をする、という長期計画を持っていますので、「チェロ購入」を我が家の公約にしているのです。

まだまだ世の中は経済不況のまっただ中ではありますが、我が家でも極力無駄を省き、それまで聖域とされていたグルメ・甘いもの経費についても断固としたメスを入れることによって財源を捻出し、ぜひとも可及的速やかに、公約「チェロ購入」の実現を図りたいと思うのであります・・・。

なんだか政見放送みたいになってしまいましたが、公約は守らないと・・・、ですね。

テーマ : 日記 ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:30  |  チェロ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.02 (Sun)

下ごしらえの期間

今日の所属オケ練。K先生指導だった予定のところ、午前中にキャンセルが入り、急遽自分たちで練習を進めることに。今回の定演練習で主に練習指揮をされているSさん、この日お休み予定だったのを変更してもらい途中から来てもらいました。

で、Sさんが来られるまでの間、私がつなぎをしたのですが、こういった急に練習進行をしなければいけないときは、どうしても事前の準備勉強ができていないので、練習内容も予定通り進まないことが多いです。できるだけこういう事態が起きないようにしたいのですが・・・。

さて、この日の練習内容ですが、アンコール予定曲の音だし、ブラ2の4、3楽章、それに皇帝の1、3楽章、という流れ。

ブラ2はメンバー同士の曲に対する基本的共通理解ができつつある印象。ただ、ブラームス特有の音の厚みがまだまだ足りないので、もう少し、弦楽器は音をより響かせる鳴らし方の工夫をする必要があるようです。これは弦セクション練習でじっくり時間をとってやらないと・・・。

一方、「皇帝」はまだ弦セクションが音程とりに苦労している状況。Es-durが弦楽器にとってやりにくい調性であることは先日書きましたが、「皇帝」はオーケストレーションの問題なのか、各パートがきちんと音程とれていてもなぜか響きがよろしくないんですよね。パートで音の交換できればいいのに・・・。

この曲は2vnではやったことがありましたが、Vaは初めて。その時はVaがどうやって弾いているかあまり気に留めていませんでしたが、いざ練習してみると、結構弾きにくい箇所、多いです。で、そういった苦労する箇所ほど、あまりみんなから気づかれなくて苦労が報われないという、まあ、ヴィオラの宿命ですけどね。


気が付けばもう8月。本番指揮者の初練習まで後2ヶ月少々です。本番指揮者をシェフに例えると、今の期間はちょうどシェフが来るまでにアシスタントがやっておくべき下ごしらえの期間。この期間で、シェフが作品の味付けをしやすいよう、どれだけ自分たちで下ごしらえできるか、ですね。


テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
22:50  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.01 (Sat)

音楽をする環境は違えど

昨晩、NHK-BS1の「今日の世界」を見ていたら、最近話題のシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラのことが特集で取り上げられていました。

ベネズエラでは、1975年から「エル・システマ」という貧困層のこどもたちをクラシック音楽を通じて健全な成長を図ることを目的とした音楽教育システムが実践されており、シモン・ボリバル・ユース・オケはその「エル・システマ」を行なっている団体が1999年に設立したオケとのことです。

ちょっと映像をみただけですが、楽器は恐らく量産タイプのものではないでしょうか、決して高額なものではないように見えますが、その演奏する姿からは、楽器の良し悪しなど関係なく、それを覆すだけのテクニックと情熱的パワーを感じました。昨年12月には来日公演もあったようですね。


と思っていたら、番組の最後に、8/23朝、NHK-BSHiVisionで来日公演の録画放送がある、との紹介がありました。これはぜひ録画しないと。


それにしても、最近録画したい番組があまりに多すぎて、録画予約するのをよく忘れてしまうんですよね・・・。




テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
22:30  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。