2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.30 (Thu)

D-durとEs-dur

所属オケで練習しているブラームスの交響曲第2番とベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」。

ブラ2はニ長調(D-dur)、♯2つの調性。
一方、皇帝は変ホ長調(Es-dur)、♭3つの調性。

聴く人にとっては、「キーが違うだけでは?」と思うかもしれませんが、調性が何であるかは演奏者(特にアマチュアの弦楽器奏者)にとって大きな影響があります。恐らくヴィオラの演奏者にとって、(曲そのものの難易度を別にすれば)ニ長調は、音程がとりやすく、豊かな響きを得られやすい調性の代表的なものと言えるのではないでしょうか。

考えられるその主たる理由ですが、
①C線、G線、D線、A線の各開放弦(指番号0)がフィンガリングの中で使えること(別な言い方をすると、指の中で一番使いにくい小指(4の指)を使う機会が少なくなること。)。これはト長調、ハ長調、ヘ長調、変ロ長調もほぼ同じ話になります。

②「共鳴音」を得られやすいこと。
これはNHKのクラシックバラエティ番組「名曲探偵アマデウス」でシューベルトの「ます」を取り上げた際、そのことが紹介されていましたが、弦楽器は開放弦(ヴィオラで言えばC線、G線、D線、A線)と同じオクターヴ※の音を出したとき、該当する開放弦が自然に共振し、音を発します。「弦楽器のイントーネーション(クリスティーネ・へマン著、海野義雄監修、竹内ふみ子訳)」によれば、これを「共鳴音」と読んでいます。ニ長調の作品がとりわけ弦の響きを美しく感じる理由がここにあります。
※厳密には、開放弦の整数倍の振動数を持つ音(開放弦の1/2、1/3等の弦長で押さえた音)でも共鳴音を発生するそうですが、実際にはオクターヴの音でやった場合が一番共鳴音の音を感じやすいと思います。


一方、変ホ長調ですが、これは上記の理由が逆の話になるようです。

即ち、
①C線、G線、D線、A線の各開放弦のうち、A線の0の指がフィンガリングの中で使えなくなること。(ちなみにヴァイオリンだと、一番上のE線の0の指もそのまま使えなくなるので、ヴィオラよりも不自由度は高くなります。)

②「共鳴音」を得られにくいこと。
変ホ長調では、ちょうどAの音に♭がつくため、開放弦A線が共振して「共鳴音」を発生する機会が減ります。(Eの音にも♭がついてEsとなるため、ヴァイオリンの場合だと一番上のE線の「共鳴音」も少なくなるので、ヴィオラよりもさらに「共鳴音」の発生する機会は減ります。)


この2点だけが理由のすべてではないのですが、おおざっぱに言うとそんな感じでしょうか。(もちろん主調性がニ長調や変ホ長調の作品であっても、曲の中で転調があったりするので一概には言えないのですが。)


調号に♯や♭がもっと増えるとさらに話が深刻になり、♯6つの嬰へ長調(Fis-dur)や♭6つの変ト長調(Ges-dur)などは、まず正確な音をとるのも一苦労ですが、これらの調性でとった演奏自体も響きになかなか伸びが出てこないように感じています。「何でわざわざこの調選ぶのかな・・・?」と思うこともしばしば。チャイコフスキーの「白鳥の湖」の終曲で変ト長調が出てきたときも思いましたね。


それぞれの調性にはそれぞれの雰囲気があり、作曲者はそれをふまえて調性を選んでいる、と言うことを話に聞いたことがありますが、アマチュア演奏家としては、願わくば調号の多い調性で作曲するのはご遠慮いただきたいものです・・・。

スポンサーサイト

テーマ : ヴィオラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
22:21  |  ヴィオラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.24 (Fri)

ヴィオラが主役のコンサート

またまた遅くなりましたが、今月上旬にNHK-BSで放送された番組の感想です。

<第1回東京国際ヴィオラコンクール ガラ・コンサート>
[収録] 2009年5月25日, 紀尾井ホール
[曲目]
○J・S・バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第6番 変ロ長調 BWV1051 から 第1楽章
 (Va : 鈴木 康浩、佐々木 亮 )
○西村朗:無伴奏ビオラ・ソナタ 第1番「旋回舞踊」
 (Va : ガース・ノックス)
○ ドルジーニン:2本のビオラのためのデュオから第3楽章
 (Va:店村 眞積、今井 信子)
○デイル:序奏とアンダンテ Op.5
 (Va:廣狩 亮、ジュイ・カン、ヘイジン・リム、小峰 航一、菅沼 準二、佐々木 亮)
○シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D.821 から第1楽章
 (Va:トーマス・リーブル、関谷 由美)

このコンクールは「ヴィオラ・スペース」の一環として今年から始まった、とのこと。「ヴィオラ・スペース」は、1992年にヴィオリストである今井信子氏の提唱により始まったヴィオラの祭典。音楽雑誌等でその存在については知っていたのですが、これまでライヴはもとより、録画等でも聴いたことはなかったので、今回の放送には注目していました。

まず、コンサートそのものについてですが、ヴァイオリンやチェロに比べ一般の人にとって存在感の薄いヴィオラという楽器がここまでコンサートの主役になっているのを見て、ヴィオラを演奏する1人として何か心強いものを感じました。いやぁ、ヴィオラ、やっぱりかっこいいですよ。


演奏に関する個人的な感想を少々。

バッハは2人のヴィオラソロの演奏スタイルが非常に対照的なように感じました。普通、デュオとなるとお互いシンクロすることを意識するように思ってしまうのですが、2人はそういったことは気にしていない様子で、それぞれが自分のやり方で曲にアプローチしていた感じ。それはそれで見ていて興味深かったです。

西村朗、ドルジーニン、デイルの作品は聴いたことがありませんでしたし、西村朗以外の2人は名前すら知りませんでした。恐らく現代の作品と思われるのですが、デイルは意外と美しいメロディが流れてました。演奏メンバーのほとんどが若手奏者ということや、曲を知らなかったことも手伝ってか、聴いていて結構新鮮な感じを受けましたね。

最後のシューベルトを演奏したトーマス・リーブルという人ですが、この人のヴィオラの音は昔懐かしいというか、ヴィオラらしい渋い音で結構好みの音でした。ただ、fの箇所で音が結構粗くなっていたのがすごく気になりました・・・。ちょっと、音つぶしすぎでは・・・。


ちなみに、この東京国際ヴィオラコンクール、第2回は3年後のようです。やっぱりヴィオラに携わる者として、次回は有望な若手ヴィオリストを探しに行ってみたいですね。


テーマ : ヴィオラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:10  |  ヴィオラ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.21 (Tue)

「聴く」と「感じる」

2週間ぶりの所属オケ練習。

アンコール候補曲の試奏をした後、メンバーの出席状況をふまえてこの日はブラ2の4楽章、2楽章だけを練習。

この日の弦セクションですが、前回の弦セクション練習で譜割をある程度詳しく見たおかげか、曲の構造理解は比較的浸透しているように感じられました。4楽章には、きちんと曲の構造が分かっていないと、演奏しているのが今どこなのか見失ってしまう箇所がいくつかありますが、この日はほとんど問題なくクリア。

ただ、モティーフのパートからパートへの受け渡しはまだぎこちない感じです。こういった箇所では、他のパートの音を「聴く」のではなく、他のパートの音の底辺に流れるテンポを「感じる」こと。もっと言えば、(前にも書きましたが)共有するテンポを感じること。次回の練習ではその辺りをもう少し追求していきたいですね。

まだ、音程はいろんなところから「あれ?」というような音が時々聞こえてきますし、デュナーミクやアーティキュレーションについては本番指揮者が来られないと分からない部分もありますので、これから完成させるまでにまだまだ時間が必要。ですが、練習を始めてから1ヶ月ちょっとというこの時期、この日の弦セクションには結構好感触を持ちました。


それにしてもブラームス、かめばかむほど味が出てきます。やはり奥が深いです。

みんな、もっとかみかみしないとね・・・。


テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
00:34  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.14 (Tue)

澄んだ響きの源泉

ようやく梅雨明けしたと思ったら、昨日は宮崎市で35℃超えの猛暑日、今日も34.8℃だったみたいですね。暑い・・・、早くも夏バテ気味です・・・。

さて、話題としてはちょっと古くなりましたが、先月末にNHKBS2で放送のあったクラシック番組の感想を少々。

<メンデルスゾーン生誕200年ガラ・コンサート>
[収録] 2009月2月3日, ライプツィヒ・ゲヴァントハウス (ドイツ)
[曲目]
・メンデルスゾーン 序曲 ハ長調 op.101 「トランペット序曲」
・メンデルスゾーン ピアノ協奏曲第1番 ト短調 op.25
・ショパン エチュード ホ長調 op.10-3 「別れの曲」※アンコール
・メンデルスゾーン 交響曲 第3番 イ短調 op.56 「スコットランド」  
・メンデルスゾーン 交響曲 第5番 ニ短調 op.107 「宗教改革」より第3楽章※アンコール  
・メンデルスゾーン 劇付随音楽「真夏の夜の夢」op61より結婚行進曲※アンコール
[ピアノ] ラン・ラン
[管弦楽]ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
[指 揮] リッカルド・シャイー

1年前に訪れたライプツィヒ。その時の話がこちら。

残念ながらその時はゲヴァントハウスの中に入ることができず、外観を眺めるしかなかったのですが、この日の番組でようやく中を見ることができました。やっぱりここで聴いてみたかったなー。

ピアノ協奏曲第1番でのラン・ランの流麗な音のタッチ、オケをぐいぐい引っ張るような圧倒的な存在感もすごく印象に残りましたが、私が個人的に一番聴きたかったのは2年半前に所属オケの定演で演奏した「スコットランド」l。

ですが、聴いているうちに「あれ?」と思うことが。1楽章のコーダの部分に入ったときに演奏が違ったのです。どうも一般的に違う楽譜が使用されているようで、同様に従来の演奏とは異なる部分が4楽章の途中にも見受けられました。うーん・・・、演奏したことのある私としてはかなり違和感ありました。

4楽章のコーダ部分をmollのままで終わらせた改変版で演奏したクレンペラーのライヴ録音があることは聞いたことがありますが、今回の演奏はシャイー自身が改変したのだろうか・・・?、と思っていました。ですが、数日前、雑誌「音楽の友」7月号に掲載されているシャイーのインタビュー記事を読んだところ、今シーズンにライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が来日する時のプログラムとして持ってくる同じメンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」は、これまで一般的に演奏された楽譜ではなく、後にメンデルスゾーン自身が書き直した最終稿のもので演奏する、というコメントが載っていました。ひょっとすると「スコットランド」についても同様に最終稿があったのでしょうか(演奏途中で画面に映ったチェロのパート譜表紙はブライトコプフでしたが・・・。)。詳しい情報が知りたいところです。

それにしても、この堅実なイメージの強い旧東ドイツ地域のオケにイケイケドンドン系のシャイーとの組合せ、最初聞いたときには果たしてどうなんだろう?と思いましたが、このゲヴァントハウスオーケストラ、自分たちのスタンスを崩さずシャイーのノリにうまくついていく感じでなかなかいいです。何より、(前述のインタビュー記事でシャイー自身も述べていますが)、オケ(特に弦楽器)の濁りのない澄んだ響きには好感が持てます。同じライプツィヒにあるトーマス教会でもこのオケのメンバーが演奏しているようですし、(個人的な感想としてですが、)このオケの響きの源泉はバッハなどの宗教作品にあるようにも思いました。


このゲヴァントハウス・オケ、今年の来日ツアーで10/30に宮崎にも来ます。プログラムはメンデルスゾーンの「宗教改革」とブルックナーの「ロマンティック」。実は2年前にも来日ツアーが企画され、宮崎でもコンサートがある予定でしたが、その時はシャイーの急病によって急遽中止になっています。果たして今年は無事に宮崎まで来てくれますでしょうか・・・。

テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:44  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.08 (Wed)

「本読み」

先週の日曜日、所属オケの弦セクション練習がありました。

当初は全体練習の予定でしたが、県の吹奏楽コンクールが1週間後にある関係で、吹奏楽団にも所属している管楽器メンバーが多数欠席する見込でしたので、弦セクション練習を前倒しで実施することにしました。

定演曲目が「大体こんな感じの曲」という概要把握は済んだので、次はボーイングの仮決め、譜割の確認、それに要練習箇所のピックアップ作業を重点的にすることになりますが、ボーイングについては、弦セクション練習の前に各パートトップが別な場所で集まって仮決め作業をしてくれたおかげで、練習中にボーイングの問題で時間をとられることはほとんどありませんでした。

さて、この日は、ブラ2の第4、3、1楽章の順に練習。音程のとれていない箇所、拍を見失いやすい箇所については、テンポを落として何度か繰り返しながら音程、拍の確認。

音程のとりにくい箇所の修正や難しいパッセージの反復練習などはこれからじっくりするとして、この日の練習の進行を担当した私が個人的に最も重点を置いていたのは、それぞれの場面において各パートがどんな役回りなのかを理解してもらうこと。ブラームスのような各パートがいろんな形で絡み合う作品は、この点を演奏者自身が理解しておかないと烏合の衆のような演奏になってしまいます。

具体的には次の3点です。

①他のパートと一緒に1つのユニットとして動くべきところは、お互いの関係パートがそのことを意識しているかどうか。
②「オモテ」(例えて言えばメロディを担当するリードヴォーカルのような役割)としてイニシアチブをとるべきところは、主導的に演奏しているか。
③「ウラ」(例えて言えばバックコーラスのような役割)として、「オモテ」のメロディが生きる形で演奏しているか。
※この「ウラ」の役割もさまざまで、時として、「オモテ」のメロディにハモったり、合いの手を入れたり、デコレーションしたり、です。

この役回り、必ずしも1vnが「オモテ」で、2vn、vaが「ウラ」ということではなく、その逆もありで、曲の中で役回りがころころ変わります。スコアを見ると、自分のパートが今、どのような役割を担っているのか確認できるのですが、この日の練習を見る限り、理解がまだまだのようでしたので、メンバーのみなさんにスコアをぜひ一読してもらうようお願いしました。

スコアは演劇で言えば台本。出演者全員が台本の「本読み」をするのはある意味当然のように感じるのですが、なぜかアマオケの世界ではまだ十分浸透していないのが現状のようです。


それにしても、このブラ2のスコアを見ると、計算された構築美、といったら良いでしょうか、精密な設計図のような作品の完成度の高さを感じます。本当に演奏者冥利に尽きますね。

テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
11:00  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.03 (Fri)

小学生にヴィオラの魅力を伝えるのは難しい・・・

この間報告できなかったスクールコンサートの話を。

所属オケでは、年に2回(6~7月と10~11月)、宮崎市内の小学校(1日2校×2回=計4校)を訪問し、1時間ほどのコンサートを行っています。

ただ曲を演奏するだけでなく、楽器紹介コーナーあり、指揮者体験コーナーありで、最後には小学生といっしょに音楽の授業で習う曲や校歌を歌っておしまい、という流れ。

大体の傾向として、街中の小学生は結構はしゃぎめで、のりがいいのに対し、郊外の小学生は先生の言いつけをちゃんと守ってか?、ちょっと恥ずかしいのか、おとなしめの反応。でもどこの小学校でもそれなりに楽しんでくれているようで、こどもたちのほほえましい反応に弾いている自分たちも元気をもらうことがあります。


でも、毎回悩むのが楽器紹介でのヴィオラ演奏。

オーケストラ全体で1曲目を演奏した後に行われる楽器紹介では、パート毎にパートトップがその楽器の音色を紹介するための演奏(だいたい20秒~1分)をします。ヴィオラはヴァイオリンの次、全体で2番目の演奏するのですが、まだ最初の段階なので、ヴィオラが弾くときには小学生も緊張気味に聴いています。

こういうときって、大体大きな楽器、弦楽器でチェロとかコントラバスにアドバンテージがあって、まずその図体のでかさを見て小学生が「おーっ」となります。これでつかみはOK。

それに比べ、大きさが中途半端なヴィオラは、だいたい小学生の反応も中途半端。なので、せめて演奏で小学生のハートをつかもうといろいろと選曲を考えるのですが・・・。

ヴィオラの魅力を引き出すためには、中音域の音色でメロディを朗々と弾くような曲が本当はいいのですが、それだとなかなか小学生は反応してくれません。かといってアップテンポでリズミカルな曲を選ぶと、確かに小学生の反応は良くなるのですが、そういった曲は音質がクリアでないヴィオラで弾くよりももっとクリアな音色がする楽器の方が合っています。場合によっては曲の良さが損なわれているような気もしています。

ということで、毎回試行錯誤しこれまで30~40曲ほど弾いている中で数少ないヒット曲の1つが「きのこの唄」、「きのこのこのげんきのこ・・・」です。ちょうどひんぱんにテレビで流れていた数年前にこの曲を弾いたところ、さわりの部分を小学生がいっしょに歌ってくれました。小市民的なささやかな喜びを感じましたね。


でもせっかくそうやっていろいろ苦労してがんばっても、必ず最後に紹介されるHさんのパーカッションに小学生のハートを全部もっていかれるんですよね・・・・。

テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:42  |  ヴィオラ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.01 (Wed)

今度はピザ製作編

今日は所属オケのスクールコンサートがあり、その記事を書くつもりだったのですが、急きょ予定を変更して別の話題についてご報告します。(スクールコンサートの話題につきましては、日を改めてお送りします。)

今や我が家に欠かすことのできないホームベーカリー、SD-BM101。

パン、天然酵母パン、ケーキと作って、今夜はとうとうピザづくりに挑戦してみました。

取扱説明書によるピザづくりの作業工程です。

1 ピザ生地づくり
<材料>
・強力粉:280g
・バター:15g
・砂糖:8.5g
・スキムミルク:6g(我が家にはないため、牛乳70mlで代用)
・塩:5g
・水:180ml(我が家では牛乳を70mlを入れたため、その分を差引き)
・ドライイースト:2.8g
<作り方>
①上記の材料をホームベーカリーに投入し、スタート。
②45分後にできあがり。

2 ピザづくり
<材料>
・1でつくったピザ生地
・ピザソース:大さじ4
・ピザ用チーズ:200g
・トッピング
※今回は次のとおり。
・たまねぎ(薄切り)小1個分
・ベーコン:2枚
<作り方>
①生地をスケッパー(我が家にはないため、包丁)で2等分し、丸める。
②ふきんをかけて10~20分休ませる。
③クッキングシートに載せ、直径25cmにのばす。(めん棒がなかったため、すりこぎの棒で代用)
④フォークで穴を開ける。
⑤ピザソースを塗り、トッピングを並べ、ピザ用チーズを載せる。
⑥予熱した180~200℃のオーブン(我が家ではオーブン機能のついた電子レンジ)で約15分焼く。

で、できたのがこれです。

ピザ完成!

さっそく食べてみました。
さすがにピザ屋のようなピザとまではいきませんでしたが、某コンビニ?で販売しているようなピザのような食感で、初めてにしては(我ながら?)上出来でした。

いやぁ、夢はどんどん広がります。


テーマ : *ホームベーカリーで簡単パン作り* ジャンル : 趣味・実用


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:10  |  ホームベーカリードキュメント  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。