2009年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.29 (Mon)

楽譜の版の相違

所属オケ定演曲目の「皇帝」、その楽譜の話の続きを。

購入した楽譜はカルマスでしたが、先週、本番指揮者の方から連絡があり、「ピアノソリストの楽譜はヘンレ版を指定するので、オケの楽譜もヘンレ版に合わせてください。」とのこと。

ということで、あわてて次の日に「ヘンレ版」のミニスコアを購入し、「ヘンレ版」と「カルマス版」との相違点のチェック作業をすることに。

もし相違点が多ければ、訂正するにも楽譜がごちゃごちゃして見にくくなるため、場合によってはヘンレ版のオーケストラパート譜を改めて購入することも検討しなければなりません。その時に備え、オーケストラパート譜について楽譜屋に問合せたところ・・・、

ヘンレ社は「皇帝」のオケ譜は直接出版しておらず、ブライトコフ社に販売委託しているため、ブライトコフの新版がヘンレ版に基づいたものになり、楽譜の注釈にその旨が記載されている、とのこと。へー、これは知りませんでした。

で、「ヘンレ版」と「カルマス版」との相違点チェックの結果ですが、幸い、相違点はそれほど多くはなく、この程度であれば、カルマス版の訂正で何とかなりそうな感じです。ただ、2楽章と3楽章のブーフシュターヘは全然異なるため、これは全て訂正する必要あり。


モーツァルト、ベートーヴェンなど古典派作品においては、最近ベーレンライター版やヘンレ版の原典版を使用するケースが結構あり、指揮者によってその判断が異なります。事前確認をちゃんとしていないと往々にしてこのような面倒なことになりますので、本当に楽譜購入の際は気をつけないといけないですね。

スポンサーサイト

テーマ : 音楽 ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:18  |  楽譜・スコア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.27 (Sat)

アレクサンダー・テクニークの体験

この前、アレクサンダー・テクニーク(以下「AT」と表記)のことをご紹介しましたが、

「アレクサンダー・テクニーク講座のご案内」

その著者、小野ひとみ先生による宮崎で3回目のAT講座が6/25~27の3日間開催されました。私も初めて個人レッスンを受けてみました。

レッスンといっても、楽器を持って演奏するわけではなく、時間にして1時間弱の間、ただ鏡の前に置かれた椅子に座り、立ったり、椅子に座ったりを10数回。極端に言えば、ただこれだけ。でも、大変奥の深い内容でした。

本当はその内容をここで紹介したいのですが、はっきり言いましてこのAT、言葉にしようとしてもなかなか伝えられるようなものではないです。小野先生ですら、そのようにおっしゃってたくらいですから、初受講者の私が説明できるはずもないです。やはり体験してみるのが一番だと思いました。

以下、AT個人レッスンを受けた私の個人的感想です。

・楽器の演奏ということだけではなく、普段の日常生活の中で、いかに自分が無意識のうちに体を癖のように動かしている(又は固定している)ことを知ることができました。と同時に、自分がいかに自分の体をコントロールできていないかも・・・。

・改めて自分が脊椎動物であることを認識しました。

・頭という体の部位がいかに体全体を動かすのにこれほどまでに主体的な役割を果たしているとは、レッスンを体験するまで思ってもいませんでした。

・レッスンは、立ったり座ったりするだけ、しかもその動作はきわめてゆっくり、時間をとりながらだったのに、先生から促されて手の平を見ると、手がすごく真っ赤に。指摘されるまで気づきませんでしたが、確かに体全体の血の巡りがすごく良くなっているようでした。(ということは、普段の体の使い方、姿勢がいかに体にとって悪いか、ということでしょうか・・・。)


1時間弱のレッスンはあっと言う間。やはりこのATを一定のレベルまで習得するにはすごく時間がかかるようですが、幸いにも、11月下旬にまた宮崎で講座をする予定だそうです。

また、この前紹介したATの本はいわゆる入門書的なものでしたが、今年4月に音楽家のための体系書というべき次の本が新たに出版された、とのこと。ネットで購入できるよ、とのことでしたので、さっそく楽天ブックスで注文しました。

「音楽家のための アレクサンダーテクニーク入門」
(ペドロ・デ・アルカンタラ/著 小野ひとみ/監訳 今田匡彦/訳:春秋社)



それにしても、「知る」と「分かる」との違い、これほどまでに大きいとは・・・。


テーマ : アレキサンダー・テクニーク ジャンル : 趣味・実用


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
22:56  |  アレクサンダー・テクニーク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.24 (Wed)

カルマスは・・・

 先週の日曜日も所属オケの練習がありましたが、今日はその練習で使用する楽譜の話を。

 今度の所属オケ定演曲目のうち、ブラ2はブライトコプフ、「ナブッコ」序曲と「皇帝」はカルマスです。価格が安い、他の出版社のものが手に入らない、等の理由により、所属オケの事務局ではカルマスを購入しているケースがしばしばありますが、音符や強弱・表現の指示記号の正確性、音符の見やすさ等、演奏者への配慮という点において、あまり評判が良くありません。

 今回の「ナブッコ」も見ると小節番号がついておらず、ブーフシュターヘ(曲の途中の要所に付されているアルファベットや数字)もおおざっぱにしかついていませんでした。練習を曲の途中から始める時、楽譜に小節番号やブーフシュターヘがないと、指揮者がオケメンバーに「○○小節目から」とか「C、広島カープのCから」などということができず、練習時間のロスにもつながります。

 というわけで、練習前日に自宅で小節番号を数えては記入する地道な作業をしたうえで、練習当日、「ナブッコ」の練習前に要所要所の小節番号をオケメンバーに知らせ、各自で小節番号の記入をするようお願いしました。少しでも練習時間のロスをなくすためですが、こういったことが最近になってようやく当たり前になりました。

 
 一方、「皇帝」のカルマスは小節番号が付いていたのでその問題はなかったのですが、こちらはまた別の問題が起きました・・・。

 その話は後日に。

テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
00:05  |  楽譜・スコア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.20 (Sat)

方向性の一致~クァルテット鑑賞記録より

ハイビジョンTVと録画機を購入してから、NHKのBSクラシック番組を結構チェックし、録画機に予約して休みの日にまとめて見ています。

先週は3つのクァルテット団体のライブを見ました。宮崎のような地方にいると、なかなか東京でのコンサートを聴きに行けないので、このような放送は貴重です。


<モザイク・クァルテット>
[収録] 2008年10月30日, 王子ホール
[曲目]
・ハイドン:弦楽四重奏曲 f-moll Op.20-5
・メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第1番 Es-dur Op.12
・ハイドン:弦楽四重奏曲 ト長調 Op.64-4より 第3楽章

 古楽器による演奏団体として有名でしたので、名前は知っていましたが、実際に演奏を聴いたのは今回が初めてでした。
 こんなものなのかなぁ・・・?というのが正直な感想で、ピッチはかなり低めでしたが、楽器はモダンのようでしたし、奏法もピリオドではなかったように見えました。また、プログラムもハイドンの太陽四重奏曲とメンデルスゾーンで、その曲のせいだったのかもしれないのですが、演奏自体がちょっと流れないというか、古楽器演奏団体特有のダイナミックさは感じませんでした。ただ、アンコールで弾いたと思われるハイドンのOp.64-4第3楽章の演奏は、この放送の中では、水を得た魚のように流れをつかんだ感じがあったでしょうか。別なプログラムで演奏を聴いてみたかったですね。


<上海クァルテット>
[収録] 2008年10月17日, 紀尾井ホール
[曲目]
・ブラームス:弦楽四重奏曲第2番 a-moll Op.51-2より 第1楽章
・ブラームス:弦楽六重箏曲第2番 G-dur Op.36

 上海クァルテットは4、5年前にライブを聴いたことがあります。その時はベートーヴェン・チクルスをしていた時で、私が聴いたのは、6番と7番でした。1vnのウェイガン・リが甘い歌い方をするのと、クァルテット全体としては線が柔らかいなぁ、という印象でした。
 今回のブラームス弦楽四重奏曲第2番はドラマティックで、常に表情感を出しながらこの曲の持つ憂うつさ、甘美さ、そして激情感の交錯を巧みに表現していたように感じました。残念ながら放送は第1楽章だけでしたが、できたら全楽章通して聴いてみたかったです。
 ゼクステットの方は、第2ヴィオラに今井信子さん、第2チェロに原田禎夫さんがそれぞれ加わった演奏でしたが、やはりというか、ゲスト2人の音がどうしても浮いている感じを受けました。第3楽章の中間部では事件が起こってはっとしましたが、特に大事には至らず。前半の弦楽四重奏曲第2番の演奏と比べると、やや精細を欠いたように見えました。


<アルカント・クァルテット>
[収録] 2006年11月22日, 王子ホール
[曲目]
・モーツァルト: 弦楽四重奏曲 C-dur 「不協和音」KV465より 第1~第3楽章
・ラヴェル:弦楽四重奏曲 F-dur

 アルカント・クァルテットは、vaのタベア・ツィンマーマンとvcのジャン・ギアン・ケラスが中心となって結成されたクァルテットということで名前は知っていましたが、このクァルテットも今まで聴く機会がありませんでした。
 ソリストとして活躍したアーティストがクァルテットとして演奏すると、1つ1つのパートがそれぞればらばらな方向でソリスティックに演奏してクァルテットとしての体をなさないことがあるのですが、このクァルテットは各パートの音が溶け合わず、というよりは埋没せず、と言った方が適切でしょうか、その各パートの分離したクリアさがアンサンブルの立体感を作り出していたようです。クァルテットとしての一体感を損なっていなかったのは、やはり演奏の方向性が一致していたからなのでしょう。ソリスティックかどうかではないんですよね。
 モーツァルトの不協和音は、やや抑えめのスマートな演奏でしたが、ラヴェルは一転して野性的にも思えるような、起伏にとんだ演奏で、ダイナミクスに限らず、いろんな要素のレンジの大きさがこんなにも演奏を豊かにするのか、ということをまざまざと見せつけられた感じでした。このラヴェルの演奏は久し振りにどきどきしましたね。
 なお、モーツァルトとラヴェルで1vnと2vnが交代していました。前半と後半で交代したのかな、と思ったら、ネットで調べてみたところ、この2曲はプログラムの前半で、後半にはブラームスの1番を演奏したみたいですね。

いやぁ、今度来日したらぜひ聴いてみたいな、と思ってたら、今年の9/25と9/28に王子ホールで公演あるじゃないですか!しかもドビュッシーやるじゃないですか!!!


これはぜひ行かなきゃ、さっそく予約を・・・、と思ったのもつかの間、2公演とも完売でした・・・あぁ。


テーマ : 弦楽四重奏・クァルテット ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:49  |  室内楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.19 (Fri)

今度はケーキ基本編。

ホームベーカリーでパンを作り続けて半年。

そろそろ新たなものを、と思い、今度はケーキをつくってみました。

とはいえ、また材料投げ込むだけなんですけどね・・・。

ホームベーカリーの取扱説明書によると、材料は次のとおり。

・無塩バター・・・110g(1cm角に切る)
・砂糖・・・100g
・牛乳・・・大さじ1(15g)
・卵・・・M寸2個(100g)
・薄力粉・・・180g
・ベーキングパウダー・・・7g

パンに比べ、バターを1cm角に切る作業と薄力粉とベーキングパウダーをふるいにかける作業、それに材料をホームベーカリーに投入して15分後に粉落としをする作業がありますが、後は入れて1時間半待つだけ。

で、できあがりは・・・、こんな感じでした。

ケーキ第1号


食べてみると、ちょっと濃厚な味のバターケーキです。さすがに専門のお菓子屋さんのようにふわふわとはいきませんが、これはこれでまあおいしいかな。

それにしても、いざつくってみるまで、ケーキをつくるのにこんなにバターと砂糖を使うものとは思いませんでした。太るはずですよね。。。


とりあえず、基本ができたので、次回は応用編です。いつになるかな・・・。

テーマ : *ホームベーカリーで簡単パン作り* ジャンル : 趣味・実用


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
11:44  |  ホームベーカリードキュメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.17 (Wed)

定演練習始まる

先週日曜日から定演に向けての練習が始まりました。

今度の定演曲目は次の3曲です。
○ヴェルディ 「ナブッコ」序曲
○ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
○ブラームス 交響曲第2番

私にとって「ナブッコ」序曲を演奏するのは初めてになりますが、皇帝とブラ2は以前にも演奏した経験があります。特にブラ2は多分今度で6回目で、交響曲の中では「悲愴」、「新世界」と並ぶ数です。ですが、いざ音出しをしてみると、ボーイングがまだ書いていないということもあってか、「あれ、これどうやって弾いてたっけ?」という箇所がいくつかありました。記憶なんてそんなものですね。

メンバーの中にはブラ2が初めての方も結構いたようで、見失って止まってしまうケースが続出。パート譜だけ見ていると弾いている音が何拍目なのか分からなくなることがあります。スコアで自分のパートの役割(ベースか、メロディーか、オブリガートか)と各パートとの関係をちゃんと理解しておかないと、ブラームスはすぐ崩壊してしまいますからね・・・。

「皇帝」は、主調性がEs-dur。フィンガリングの関係でアマチュア弦楽器奏者にとってはあまり相性の良くない調性ですが、K先生の話によれば、この皇帝のEs-dur、同じベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」のEs-durに比べ、オーケストレーションのせいなのか、きれいに響かないEs-durのようです。
また、聴いているだけではあまり分かりませんが、第3楽章弦の各パートにとって3楽章は意外と音程がとりにくく、フィンガリングに苦労しそうです。


この日は、本当に音を出しただけ。これから12/20の本番に向けて、少しずつ、少しずつ、前進です。


テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
11:00  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.13 (Sat)

天然酵母入荷

20090613000312

久々にパンネタです。

ネットで富澤商店という食材を扱っているお店からホシノの天然酵母パン種を10袋購入。
1袋で4回分の生種ができますので、40回分ということになります。今年中に使いきれるかな…。

ということで、今週から天然酵母パン、増産開始です。既に3回作りました。

結構人気があるようで、最近は知り合いからのリクエストも多くなりました。

これで景気回復に…、ならないか。

テーマ : *ホームベーカリーで簡単パン作り* ジャンル : 趣味・実用


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
00:03  |  ホームベーカリードキュメント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.12 (Fri)

教え始めて早3年

3年前からボランティアで1人ヴィオラを教えています。nagimaruから、「私の親戚が習いたいので教えてやってほしい。」ということがきっかけでした。

教え始めた頃は20歳の大学生で、それまでピアノの経験はあったようですがヴァイオリンの経験はなく、いきなりヴィオラをしたい、とのことでした。本人の指を見ると、ヴィオラではちょっときついかな、というような長さでしたので、当初は、弦楽器をやるのであればヴァイオリンを勧めたかったのですが、ヴィオラでオーケストラに参加したい、との本人の希望が強かったので、ヴィオラの人材育成を兼ねてレッスンを引き受けることにしました。

とはいえ、私自身もプロではなく、確立したメソードを修得しているわけでもありませんので、レッスンにあたっては、私自身の遠い幼き経験を思い出しながら、市販の教本を複数用いてその時その時の状況にあった練習教材を選びながら進めていきました。現在もまだ試行錯誤していますが。

幸い、ピアノをしていた経験からか飲み込みはいい方で、指も関節が柔らかく弦楽器向きのようです。初めてから1年ほどで、少々早いと思いつつも、本人の目的だったオーケストラに準団員として入団してもらいましたが、入団当初は訳も分からずただみんなが弾くのを見ている状態で、本人も大分苦労したことでしょう。それでもほとんど練習を休まず、先日のファミコンでは、何とか全体のテンポについていけるようになっていました。ヴィブラートもようやくかかるようになったみたいです。

4月からは社会人となり、これまでに比べて練習時間がとりにくくなっているようですが、何とかこのまま順調に進歩していってほしいものです。


それにしても、宮崎は元々弦楽器人口が少ないですが、その中でもヴィオラはニューフェイスがなかなか現れず、危機的状況です。

絶滅危惧種に指定した方がいいのでは・・・?

テーマ : ヴィオラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
00:24  |  ヴィオラ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.08 (Mon)

通過点と過程

ファミコンが終わりました。

[宮崎シティフィルハーモニー管弦楽団 第11回ファミリーコンサート]
○日時:2009年6月6日(土) 開場18:30 開演19:00
○会場:宮崎市民文化ホール 大ホール
○指揮:椛山達己(当楽団常任指揮者)
○プログラム
・ロッシーニ 「どろぼうかささぎ」序曲
・楽器紹介:打楽器
・ファリャ 「三角帽子」より 近所の人たちの踊り、粉屋の踊り、終幕の踊り
・久石 譲:オーケストラストーリーズ「となりのトトロ」
・外山雄三:管楽器のためのラプソディ

残念ながら満席とはなりませんが、小さなお子さんまで含めると1,600名ほど入ったとのことです。

今回、①ファミリーコンサートの企画趣旨をご理解いただくことと、②コンサートマナーを知っていただくため、来場時にプログラムと一緒にお願いのチラシを配付するとともに、開演前にお願いのアナウンスをしました。そのおかげか、こどものお客さんが大勢いた割には比較的静かにちゃんと演奏を聴いてくれていたように感じました。トトロの「さんぽ」を演奏している時には、前の方に座っていた女の子が口ずさんでいましたが、まあ、それだけ楽しんでくれていたんでしょうね。


肝心の演奏ですが、初めて来られたお客様にはそれなりに楽しんでもらえるレベルまで持ってこられた、という意味ではよかったと思います。ですが、自分たちが持ちうる最高のパフォーマンスができたかというと、残念ながら・・・ということでしょうか。本番直前に帳尻を合わせて何とか演奏会を終えることができた、今回はそういった印象が拭えませんでした。


気持ちを切り替えて、今度は12/20の定期演奏会が所属オケとしての次の大きな目標になります。所属団員にとってのアマオケ活動の継続、という観点から言えば、本番そのものも大事ですが、あくまでもそれは1つの通過点であり、そこに至るまでの過程である日々の練習をどう過ごすことの方がもっと大事だと考えています。


団員にとって日々の練習がもっと充実したものとなるにはどうしたらよいか。
インペクにとっての永遠の課題です。


テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
01:35  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.02 (Tue)

場所が変われば

ファミコンまでいよいよ1週間を切りました。おとつい、大詰めの全体練習がありましたが、全体的に気持ちの締まった演奏になってきた印象がありました。

あえて心配な点に触れると、ところどころテンポが走り気味になっていたことでしょうか。今まで弾けていなかったところが弾けているような感覚になると発生する兆候なのですが、往々にしてそういうときは音が上滑りしてしまって音の質感を得られていないことが多いように思います。誰もが緊張しやすい本番では、どうしても脈拍数が上がりやすいので、テンポもそれにつられて上がりやすくなります。そういうときは無呼吸状態になっていることが多いので、対処方法としてはやはり深呼吸でしょうか。そもそも、普段から「呼吸」を意識した演奏を心がけていると脈拍数の上昇防止になるようですが、管楽器に比べてブレスの感覚をあまり持っていない弦楽器の場合、どうしてもこの意識が希薄になっているようです。


これまで演奏していた場所は練習室ですが、リハ及び本番はより広いホールへと変わります。弦の各パートとも、これまで聞こえていたパート内の音が聞こえにくくなるはずですので、注意しておかないと、せっかく集まりかけているパート内の音も簡単にばらばらになってしまいます。

また、ホール舞台での音の聞こえ方の特性上、弦楽器の座る位置から管楽器の音を聴くのは比較的容易ですが、逆に管楽器の座る位置から弦楽器の音は聴こえにくいため、弦の各パートはこれまで以上に同じ動きを演奏する管楽器の音につける感覚が必要になってきます。勿論、管楽器の方が指揮者の棒にきちんとつけていただかないと、これは元も子もないわけですが。


いずれにしても、本番まであとわずかしかないこの時期になれば、細かいことをいろいろと議論するよりも、演奏をまとめるための環境づくりの方が重要になってきます。全体の雰囲気をいい方向に持っていくことや、体調を崩さず、できるだけ本番の時間帯がピークに持っていけるような生活に努めていきたいと思います。

テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
22:10  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。