2009年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.27 (Mon)

所蔵楽譜

演奏に必要な楽譜。

学生時代から少しずつ買い貯めていましたが、最近まで住んでいたアパートでは、収納していたチェストに収まりきらず、クローゼットの中をあちこち浸食していたため、引越後に6段チェストを2つ購入。その結果、楽譜を収納しているチェストは計5つになりました。

きちんと数えてはいませんが、結構な冊数になっています。

ざっと分類してみると、
○ヴァイオリン(教本・コンチェルト・ソナタほか小品)
○ヴィオラ(ヴァイオリンに同じ)
○(なぜか)チェロの教本:数冊、(なぜか)ピアノのバイエル:1冊
○デュオ(2Vn、Vn&Va、Vn&Vc、2Va、Va&Vc、Va&Cb)
○トリオ(2Va&Va、2Vn&Vc、Vn&Va&Vc、3Va、ほか)
○弦楽四重奏(ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、ほかetc)
○弦楽五重奏、弦楽合奏(ベートーヴェン、ドヴォルジャークほか)
○ピアノ室内楽(Pトリオ、Pクァルテット、Pクインテット、ほか)

以上のような感じです。

この中でも圧倒的に多いのはやはりクァルテット(弦楽四重奏)。全楽譜の半分ほどを占めています。以前主宰していたクァルテットの楽譜係でもあったので、自然とたまっていきました。

ただ、購入したのはいいのですが、まだ音だししていないものも多数・・・。

やっぱり楽譜は音に出してこそ意味のあるもの。

(いろんな意味で)まだできるうちに、機会をつくって挑戦したいものです。


スポンサーサイト

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
22:34  |  楽譜・スコア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.25 (Sat)

(ホームベーカリーによる)天然酵母パン誕生まで

我が家にホームベーカリーが来てからはや3ヶ月。

このホームベーカリー、購入すると漏れなく「ホシノ天然酵母パン種」がプレゼントされるので、さっそく申し込んで手に入れていたのですが、天然酵母パンをつくろうと思った矢先、つくるのに必要な専用容器が見つからず、しばらくお預け・・・。

ですが、引越後、ようやくその専用容器がみつかったので、満を持して挑戦。

1 「ホシノ天然酵母パン種」を専用容器に入れ、水に溶かして混ぜた後、ホームベーカリーに入れて24時間おく。→生種おこし

2 ホームベーカリーからできあがった生種の入った専用容器を取り出し、いったん冷蔵庫へ

3 以下の材料を準備し、ホームベーカリーへ投入。
・つくった生種・・・25g
・強力粉・・・300g(日清カメリヤ強力小麦粉)
・砂糖・・・17g(市販のプレーンヨーグルトについてくるグラニュー糖をいつも使用しています)
・塩・・・5g(伯方の塩)
・水・・・180ml(特に指定されていませんが、ミネラルウォーターを使用しています)

4 ホームベーカリーがつくってくれるまで7時間待つ。

以上、これだけ。


ちゃんとパンがふくらむかどうか心配だったんですが、ホームベーカリーの焼き上がりサインの音がしたので、開けてみると・・・。

天然酵母パン誕生

ああ、良かった。ちゃんと膨らんでいました。

できあがったパンを職場のスタッフに食べてもらいましたところ、「もちもちしてる」「ほのかに甘い」と好評でした。


ただ、つくった生種は5~6回分。これを1週間以内に使い切らないといけません。


ということは、ほぼ毎日・・・。でもおいしいから、まあ、いいか。

テーマ : *ホームベーカリーで簡単パン作り* ジャンル : 趣味・実用


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
11:52  |  ホームベーカリードキュメント  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.20 (Mon)

「ゴン太くん」の楽器

今日のファミコンの練習は打楽器が勢揃い。さすがに打楽器特集だけあって、「となりのトトロ」と「管弦楽のラプソディ」ではホントにいろんな打楽器が使われます。私自身、初めて耳にするものもありました。

「となりのトトロ」の3曲目「ススワタリ~お母さん」の途中で、マックロクロスケの登場する場面の音楽で、聞こえてきた「ンゴンゴ」という音。

あれ、どっかで聞いた声・・・。

練習が終わった後、楽器の持ち主でもあるパーカッションのHさんに聞いてみました。

「トトロの途中で聞こえてきた音、何ですか。ほら、なんかゴン太くんの声に似ていたやつですけど。」

「ああ、あれ、クイーカだよ。だって、ゴン太くんの声はクイーカだよ。知らなかったの?」

へー。初めて知った・・・。

ところで、「ゴン太くん」って分かるかなあ。分かる人は私と年代いっしょですね。
ほら、昔放送されていたNHKの教育番組「できるかな」でのっぽさんといっしょに出てくる全身茶色のような色で、赤い丸鼻をしている着ぐるみですよ。いやあ、なんかクイーカの音を聞いていたら、なんか懐かしさを感じましたね。

クイーカについては、こちらにWikipediaの解説がありました。元々はブラジルのサンバで使う楽器のようです。

「クイーカ」Wikipedia解説

まあ、ゴン太くんを知らない今のこどもたちでも、この愛きょうのある音は受けそうです。

せっかくの機会ですので、また、別の日にファミリーコンサートで登場する打楽器を少し紹介したいと思います。いろいろとおもしろい楽器ありますよ。



テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
00:48  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.17 (Fri)

ボーイング決定までのプロセス

オケで弦楽器パートが演奏する場合、初期の練習時にボーイング(Bowing、ここでは、「弓の上げ下げの方向」と定義をシンプルにします。)を決定する必要がありますが、特にアマオケの場合、ボーイング決定までのプロセスの確立度とオケの弦セクション全体の演奏充実度とは比例関係にあるように思います。


私が理想的に考えている、アマオケでのボーイング決定までのプロセスです。

<譜読み>
パート譜が配付され、譜読み。初見の場合もありますが、テンポはできるだけintempoに近い形で。
いきなり初見では弾けないから、といって、最初からずっと遅いテンポのままで練習していたことも以前に経験しましたが、本番直前になってテンポが速くなり、それまで決めていたボーイングでは弾けなくなった、ということがありました。ボーイングはテンポに左右されることが少なくありません。暫定ボーイングを決めるまでの間は、本番を想定したテンポで練習すべきだと考えています。

<暫定ボーイングの決定>
譜読みが終わった後、できるだけ早い時期に弦の各トップが集まって暫定ボーイングの検討。プロオケなど、コンマスが最初から全パートのボーイングを決めるケースが多いようですが、この場合、1vnの都合で決めている部分も少なからず発生し、それが他のパートにとっては弾きにくいものだったり、パート間の矛盾が生じたりすることもありました。そのようなことを未然に防ぐためにも、練習初期において、各パートトップによる暫定ボーイングの検討は大事だと思っています。

<ボーイングの変更>
暫定ボーイングを決めた後、①指揮者の演奏上の要求や②弦tutti奏者の演奏技術上の問題により、変更を余儀なくされる場合があります。ただ、時において、①と②は相反する関係となることから、その調整に悩むことがしばしばです。大事なことは、現場レベルでの決定権者はコンマスであり、最終的な決定権者は指揮者であること。この点を押さえておかないと、関係者で調整しても、場当たり的な決定になってしまう可能性があります。

また、注意しておかないといけないのが、いずれかのパートが何らかの理由でボーイングを変更しようした場合、それが当該パートのみで済む内容なのか、他の弦パートにも影響を及ぼす内容なのか、ということ。所属オケでも、時々この点が徹底されていないために、パート間でのボーイングの相違が発生し、本番直前までボーイングの混乱が生じたこともありました。

いずれにしても、ボーイングの変更が発生した場合、それをいかに早くパート内部のtutti奏者(エキストラも含め)に周知徹底させるか、ということになります。

それともう1点、本番直前のボーイング変更はできるだけ避けること。(変更についていけないtutti奏者が発生し、かえって乱れることにもなります。)



(私自身の経験上ですが)、パート内部でボーイングがばらばらだと、「自分のボーイングは正しいのだろうか」と疑心暗鬼になることがあり、それだけで新たな演奏ミスを誘発する要因にもなります。お客様からみれば、ボーイングは見た目だけの問題にしか見えないかもしれませんが、ボーイングを揃えているということは、演奏が安定するという点でも重要なんですよね。


テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:04  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.10 (Fri)

ファミコンチラシ

ファミコンのチラシが出来上がりました。

こんな感じです。

第11回MCPOファミコンチラシ

チラシの作成を担当したわけではないのであくまでも推測ですが、チラシの「ファミリーコンサート」の文字に止まっている鳥は「どろぼうかささぎ」で銀の食器を盗む「かささぎ」なんでしょうね。でも知らない人が見たら、カラスがいたずらしているようにも見える・・・。

その下で踊っているのは「三角帽子」の一場面でしょうか。民衆が輪になって踊っているのを遠目に見ているのは「三角帽子」の代官?なのかなあ。でも三角帽子かぶってないな。

で、その下の森の写真は、いかにも、ってな感じですが・・・。あくまでもイメージですね。著作権の関係でそのものを使用するわけにはいかないので。

チラシのデザイン的にはどうなのかなあ。でもプログラムの中身が分かりやすいと言えば分かりやすいか。

何はともあれ、これからコンサートの広報活動開始です。

満席にしたいなー。



テーマ : オーケストラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:29  |  オーケストラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.09 (Thu)

気分一新で。

引越がようやく終わり、仕事もとりあえず一区切りついたところです。やれやれ。

前の住居を完全に引き払い、荷物はすべて新しいアパートへ。生活用品は何とか片づきましたが、CDはまだ段ボールから出しただけで床に積み上がった状態。

明日、ようやく休みらしい休みがとれるので、新たに購入したCDラックを組み立てて整理しようと思います。1つで450枚収納できるようなので、少しすっきりするかな・・・。

忙しさにかまけてしばらくブログを更新してませんでしたが、書きたいことはやまほどあるので、ぼちぼちながらも書き綴っていこうと思います。

これから新緑の季節。気分一新で、何か新しいこと始めようかなー。

テーマ : 今日の出来事 ジャンル : 日記


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:43  |  雑談  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。