2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.09 (Wed)

誰かの為に

そう言えば今、NHKのみんなのうたで、「ビオラは歌う」というのが流れているそうですね。
この前nagimaruから教えてもらいました。

nagimaruが話していたように、確かにこの歌は歌詞が良いです。


 目立たないビオラの調べは誰かの為の旋律

 それを頼りにしていた事にみんな気付いた



鳥を空高くへと運ぶ見えない風のように

 星を輝かせて見せる暗い夜空のように

 誰かの為に必要な自分になれる事で

 感じられる幸せがあると教えるように

 ビオラは歌う



 うん、ヴィオラの理想像ですね、これは。

 でも、このことに気づいてくれているオケのメンバーがどれだけいるだろうか・・・。

 というか、実はヴィオラパート自身が一番よく分かっていなかったりして。

スポンサーサイト

テーマ : ヴィオラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
20:54  |  ヴィオラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.18 (Sun)

ケース

今日の夜は所属オケのヴィオラパート練習。
団員5人全員集まって、パイレーツ・オブ・カリビアン、レイダース・マーチ、はげ山の一夜、ニュー・シネマ・パラダイス、タンホイザーのポイント練習。

全体としてはまだまだでしたが、うまく弾けていない箇所のフィンガリングを再度チェックし、揃えなければいけない箇所の指示をしたところ、何とかヴィオラパートとしてまとまり始めた部分もあったので、それが今日の収穫でした。

それにしても、びおら・じょーくではないですが、同じ楽器なのに本当にこれだけ音程の幅があるのはなぜでしょうか・・・。


今日の昼間は、前の職場にちょっと顔を出してきました。
同じ係だったスタッフの方々からプレゼントがあるというので行ってみたのですが、実はそれが楽器のダブルケース。本当にびっくりしました。

申し訳なく思いつつも、素直に感謝してありがたくいただき、家に持って返ってさっそく楽器を入れてみました。

新ダブルケース

こうして見ると、いい兄弟のような感じです。あ、そう言えば、まだ名前をつけていなかった・・・。




テーマ : クラシック ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:16  |  ヴィオラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.30 (Wed)

楽器もいろいろ、弓もいろいろ。

以前ブログで取り上げようと思ってそのままになっていた話がありました。

もう2ヶ月前の話になりますが、東京に行っていたときにたまたま開催されていた全国弦楽器フェアのことです。

この弦楽器フェアは、国内及び海外の弦楽器取扱業者や工房などが3日間にわたって東京の武道館近くにある科学技術館にて多数の弦楽器を展示しているものでした。入場料1,000円を払えば、展示されている楽器を自由に試奏できるとあって、あちこちで来場者が思い思いに試奏していました。多くのメーカーが一同に集まっていろんな楽器を試奏できるというのは本当に貴重な機会です。

さて、まず何を見ようか・・・、と会場を歩いていたところ、いきなり熊本の北澤さんと偶然お会いしてびっくり。北澤さん自身は自作の弦楽器を展示していたわけではなかったようですが、クレモナでの修業時代にいっしょだったイタリアの工房仲間が来日しており、その仲間に愛に北澤さんもこのフェアを訪れていた、とのことでした。


さて、私がこのフェアを訪れた目的は、次の3つ。

①購入を検討していた量産タイプのチェロで、私自身が把握しているもの以外にいいものがないかどうか。
②量産タイプのヴィオラにはどのようなものがあって、その実力がどの程度のものか。(時々、初心者の方から相談を受けることがあるため。)
③以前から気になっていた「Archet(アルシェ)」の弓がどんなものか試奏してみたい。

①については、この前少し触れましたのでここでは省略。

②ですが、まずEASTMANの最近登場したAntique Finish 500シリーズ。VA501とVA502の試奏をさせていただきました。
最初にVA501を試奏してみましたが、やや軽めの音で音の抜けはまあまあ、広い会場でそこそこの感じでした。その後、VA502を試奏してみると、明らかにこちらの方が音の豊かさがあり、楽器としていい鳴り方をしていたように感じました。いただいたチラシで価格を見てみると、VA501が157,500円、VA502が210,000円。よく見るとVA503というのもあるみたいで、こちらは441,000円。残念ながらこちらは展示されていませんでしたので試奏できませんでしたが、この500シリーズには好印象を持ちました。

なお、同じEASTMANで、VA80といういわゆる入門用として売り出されているものもあり、参考までにこちらも試奏させてもらいましたが、さすがにこちらは・・・、という感じでした。ちなみにこちらの価格は単体で63,000円。弓、ケースも合わせたセット価格だと89,250円。

昔、私が学生時代に、同じ大学の音楽科の生徒が副科で所有していたのは国産のSUZUKIやドイツのKarl Höfnerぐらいでしたが、その当時のものは、恐らく価格的にはVA502で、質的にはVA80程度のようなだったような気がします。いやあ、各段の進歩ですね。


それから、Fiumebiancaの新シリーズのものも試奏させてもらいました(型番は忘れましたが・・・)。私の学生当時も、Fiumebiancaのヴィオラはありましたが、音の特徴として明るく新しさが感じられる反面、深みはなく、ややもすると薄っぺらく感じたような記憶があります。その当時の記憶と比べると、今回試奏させてもらった楽器は、相変わらず音の深みという点では物足りなさはあるものの、音が洗練された感じがしました。ちなみに価格ですが、いただいたパンフレットに掲載されていませんでしたので、うろ覚えですが、確か20万円を切っていたかと思います。


後は、YAMAHAのコーナーで「Braviol」シリーズのVA7SGJ(147,000円)というものも弾くことができました。価格の割には音がそこそこ出るような感じで、パンフレットには「はじめての人でも鳴らしやすく」というキャッチフレーズの文句がありましたが、確かにそういった部分はあると思いました。ただ、音色の質はヴィオラというよりはヴァイオリンの感じが強く、また、楽器自体が鳴って音が遠くまで飛んでくれるか、というとどうだったでしょうか・・・。それを考えるとやはり値段相応でしょうか、悪くはありませんでしたが。この「Braviol」シリーズのヴィオラはこの1種類しかないみたいで、もう1つグレードの高いものが用意されているといいのだが、とは思いました。


最後に③ですが、「Archet」の弓を取り扱っている業者が出展されていたので、幸運にもその中のいくつかを試奏することができました。

私が特に関心があったのは「Archet」のHighgrade・Professionalシリーズの中のSartoryモデル。
というのも、以前、何かの機会にSartory(若しくはSartoryモデル?)の弓をちょっと借りて弾かせてもらったことがあったのですが、その抜群の操作性と軽さに驚いた記憶があります(金額にも驚きましたが・・・。)

で、今回、試奏させてもらったのは、「SA Trad-G」。実際弾いてみたところ、思ったよりも腰が強く、硬い印象でした。発音はそこそこいいように思いましたが、操作性となると、期待していた程の反応を得られることはできませんでした。現在、私は同じ価格帯のG・knollを使用していますが、両者のうちどちらかを選べと言われれば、現時点では弦をしっかり捕らえることのできるG・knollを選ぶでしょうか。(ただし、knollは最初のうちはとてもいいのですが、使用に伴って弓のへたれ具合が著しく、操作性が落ちてくるのが難点ですが。)

なお、同じSartory仕様のものでも「pro」と「solo」という上位モデルがあるようですが、残念ながらこれは今回試奏することができませんでした。値段相応ということであれば、これらはかなり私の拙い技術を助けてくれそうな感じがしますが・・・、実際のところはどうなのでしょうか。



そう言えば、弓の材料となるフェルナンブーコが最近手に入りにくくなっているという話を関係業者から聞いたことがあります。一方、カーボン製の弓はこの10年で飛躍的な進歩を遂げています。価格のことも考えれば、そう遠くない日にカーボン弓が主流になるのは間違いなさそうです。


結局、会場には3時間ほどいましたが、あっという間でした。弦楽器愛好家にとっては時間を忘れさせる空間でしたね。

テーマ : ヴィオラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
01:01  |  ヴィオラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.27 (Tue)

弦もいろいろ

この前PIRASTRO社の「PASSIONE」の話をしましたが、

「新しい弦の購入」

それから数日後、ネットで購入したPASSIONEのA線・D線が届いたので、さっそくそれらに張り替え、G線・C線のOBLIGATOといっしょに使用しています。

以下、1ヶ月ほど使用してみての個人的な感想です。

・「従来のガット弦に比べ、短時間で音程を安定させることができる」との謳い文句ですが、私の場合安定するまでに1週間以上かかりました。この点では、従来のガット弦と変わらない印象です。

・OBLIGATOに比べ、音質はよりガットに近くなりましたが、従来のガット弦と同じか、と言われるとそれとも違う印象です。例えて言うと、(適切かどうか分かりませんが)少々人工的な香りのするガット弦、でしょうか。私としては、OBLIGATOとOLIVの中間のような位置にあるように感じました。

・音量・パワーについては、自分で弾いている分にはそれほど違いを感じないのですが、第三者からの感想などを聞くと、意外と鳴っているようです。遠くまで音がよく通ってくれるのでしょうか。

・A線でのハイポジは、今まで指の押さえ方によっては「ひしゃげた」音になることがしばしばあったのですが、このPASSIONEについてはそれがほとんどない感じです。このことはPASSIONEを使用する最大のメリットであるように感じました顔

・一方、D線については、(これはPASSIONE共通というわけではないと思いますが)OBLIGATOのそれと比べ、音の裏返り(意図せざるフラジオレット)が頻発するようになりました。弦についた松脂をこまめに拭いたり、弦のねじれがないようもう一度張り直したり、あるいは弓と弦の接触するポイントを意識的にずらしたりしたのですが、どうも改善しません。楽器との相性なのか、若しくはたまたま購入した弦が不良のものだったのかもしれませんが、ちょっとこれには参りました。トホホ・・・ということで、恐らくD線については一度OBLIGATOに戻すことになりそうです。


以上、私の個人的なPASSIONEに対するとりとめのない感想ですが、いろんな方が述べられているように、弦にも楽器との相性があります。自分の楽器でいい(又は悪い)と思った弦が必ずしも別な楽器でも同様であるとは限りませんので、私以外の方がPASSIONEを使用した感想は、また別なものになるかもしれません。


そう言えば、今の楽器を使用してからThomastik社のものを使用していないな・・・。中庸的でちょっとぼんやり感のあるDominantは恐らく自分の楽器に合わないと思って試したことがありませんが、数年前に同じThomastik社から発売されたVISIONやVISION Soloなどはどうなんだろう・・・。


うーん、弦も本当にいろいろです。自分の腕前はさておき、弦の種類などには妙にこだわってしまうあたり、まさしくアマチュア奏者の典型的なパターンですね。

テーマ : ヴィオラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
23:17  |  ヴィオラ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.26 (Sat)

新しい弦の購入

昨日、ネットでいろいろ見ていたら、とある弦のネット・ショップでヴィオラ用の「Passione」も取り扱っているのを発見しました。ヴィオラ用、発売されていたんですね(これまで知らなかっただけかもしれませんが。)

「Passione」は、2年ほど前にピラストロ社から発売された新しいタイプのガット弦。この弦に対する評価はまちまちのようですが、少なくとも一度は試したいと思っていました。ですが、発売された当初はまだヴィオラ用がなかったため、ヴィオラ用が販売されるのを心待ちにしてました。

今回はA線とD線の2本を購入してみることに。現在私が使用している楽器には、全て「Obligato」を使用していますが、最近、A線とD線の響きにもの足りなさを感じていたため、「Obligato」よりもよりパワーがありそうな「Passione」で全体のバランスがとれないかやってみたいと思います。

来週にはネットショップから自宅に届く予定です。これまでの経験上、弦の組合せ次第で劇的に楽器の音色が変わることもありますが、今回はどうなるか・・・。

まあ、肝心なのは演奏者本人の技術であることは言うまでもないですけどね。

テーマ : ヴィオラ ジャンル : 音楽


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
21:43  |  ヴィオラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。