2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.05 (Wed)

映画と映画音楽との関連性

 長い休みも今日で終わり・・・。明日から仕事かと思うと、ちょっとブルーです(もっとも、ゴールデンウィーク期間中もちょくちょく仕事には出てたのですけどね。)

 さて、ゴールデンウィーク中も、相方は朝から晩まで仕事ばりばりのため、家には私1人。
 せっかく時間ができたので、ファミコンで演奏する映画音楽が、実際の映画でどのように使われているか、確認しようと思い、初めてレンタルビデオ屋でDVDを借りました。ゲオとTSUTAYAにそれぞれ行きましたが、今は1枚100円で借りられる時代なんですね。安い・・・。
 
 で、一生懸命見ました。

○「レイダース/失われたアーク」
・この頃のハリソン・フォードって今よりも老けている感じがしました。なんかお決まりの映画ですね。
レイダース・マーチは、冒頭を始め、いろんな形で登場してきます。正直なところ、映画を見ていなくとも、何となく画面が想像できるところが、この曲のすばらしいところでしょうか。

○「太陽がいっぱい」
・映画を見たのは初めてでした。意外とあの有名なメロディは映画で少ししか使われておらず、映画での印象は薄かったです。どうもこの映画が有名となり、あのメロディが流行ったのは日本だけの現象だったそうです。映画を見ていてむしろ印象的だったのは、映画の冒頭など、主要な場面で断片的に流れてくる土曜サスペンス劇場のような突き刺さってくる感じのモティーフでしょうか。

○「ロミオとジュリエット」
・この映画を見たのも全く初めてでした。ジュリエット役のオリヴィア・ハッセー、加藤ローサみたいで初々しかったです。
 あ、音楽ですが、あの有名なメロディは、もともとは、ロミオとジュリエットが初めて出会うパーティの中で、歌われる「青春とは何か(What is Youth)」という挿入歌なんだそうですね。以後、ロミオとジュリエットが絡むシーンでいろんな形で流れるので、自然と何か甘くせつない気持ちにさせてくれる、このメロディにはそんな役割が与えられているようです。

○「ゴッドファーザー」
・バイオレンス系の映画はもともと好きではありませんので、この映画も10数年前?に地上波で放送された時はほんの少ししか見なかったのですが、改めて見てみると、不思議と映画の世界に引き込まれる感じがしました。守るべき家族を持ったからでしょうか。
 音楽ですが、愛のテーマ自体は、マイケルがシチリアに逃れている間に流れる程度でしたので、これも「太陽がいっぱい」と同様、映画との関連性という意味では印象が薄い感じがしました。ただ、この愛のテーマは、ロータ自身のシチリアへの思いが込められていることが、新たな発見でした。
 一方、ゴッドファーザー・ワルツですが、冒頭を始め、主要な場面で流れてくるので、このメロディの方が映画の雰囲気を特徴づけている感があります。映画でのテンポは想像以上に遅く、そのことが何となくやるせない感じを想起させます。今まで所属オケで練習していたテンポはそれに比べてだいぶん速めになっているので、今後、そのギャップについては指揮者であるK先生が本番までに判断されることになるのでしょう。

○「ニュー・シネマ・パラダイス」
・やはりモリコーネの音楽はすばらしいです。でも今回見たのは完全版でしたが、エレナとの再開シーンはやっぱり余計ですね。
 モリコーネ自身の言葉を借りれば、「ニュー・シネマ・パラダイス」の音楽は、それ自体が「自律的」なものであり、映画とは独立した価値を持っていると言えるでしょう。仮に映画を知らない人がこの音楽を聴いたとしても、その世界へ引き込まれることになるのではないでしょうか。
 もちろん、映画を見たことのある人がこの音楽を聴いたら、自然と映像が脳裏に浮かび上がってくるでしょうし、涙することにもなるでしょう。ラストはやはり泣けてきますよね。
 ファミコンの本番では、ぜひともお客さんがそのような気持ちになってもらえるように演奏したいものです。

○「パイレーツ・オブ・カリビアン」
・ディズニーらしいというか、子ども向けの映画なんですね。全般的に音楽が垂れ流しのように流れてくるような印象を受けました、映画での音楽の印象は何となくはあるものの・・・、それ以上は、どうでしょうか。まあ、ある意味「レイダース・マーチ」につながるものはあるように感じました。



映画を改めて見たことで、それぞれの映画音楽に対する見方も若干ながら変わった部分があります。それがプラスに働くかマイナスに働くかは、これからの練習次第でしょうか。以前にも何度か触れましたが、一番大事なのは、それぞれの音楽に対する演奏メンバーのイメージが共有されることであることは言うまでもないのですが。

ファミコンの本番まであと1ヶ月。演奏・集客の両面において、できることは少しでもがんばりたいです。


スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画


次のブログランキングに参加しています。
励みになりますので、よろしければ1日1クリックをお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログへ
10:34  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。